アウトランダーPHEVの外装をちょいカスタマイズ、エンブレムとドアガードを付けてみました

アウトランダーPHEVにはディーラーオプションでエンブレムが用意されています。レンジローバーとかなり似たデザインですが、エンブレムがあるだけでカッコよさは20%増し(私の感覚値)なので、さっそく取り入れてみました。ついでにキズ防止のためのドアモールも設置したのでレビューしておきます。

エンブレム

ボンネット先端のエンブレムはディーラーオプションで約9000円。ただし、エンブレムはディーラーで注文しなくても、AmazonなどECモールでも購入できます。

約7000円なので、自分でやるほうが安上がりです。

Amazonで購入したエンブレムは、段ボールに折りたたまれて届きました。

シール形状

左右に2分割されており、へこみを合わせれば間隔は自然とそろう仕組みです。

まずはエンブレムを張り付ける部分を脱脂します。ガラスコーティング「ゼウスクリア」で余った脱脂剤を使いました。

マイクロファイバークロスでボンネット先端を軽くふき取ります。

おおよそで位置決め

えいやで貼り付け。三菱ダイヤモンドと「A」の位置が少しずれてしまいました……

ビフォー

アフター。よく見ると、「D」も傾いているように見えますが、遠目には気づかないので、気にしない。カッコよくなったと思います。「レンジローバーのパクりやん」という声は甘んじて受け入れます。

ドアエッジガード

開けたドアがぶつかったときに、傷になるのを防ぐ「ドアモール」(ドアエッジガード)を設置します。

これもAmazonで入手。1300円くらいなので、なかなか安いですね。

両面テープで固定しますが、まずは位置決めもかねて装着してみました。

冬の作業ですが、ゴム自体はそれほど固くないので、ドアの形状に合わせて変形させるのは容易でした。

付属の両面テープ

要所要所に取り付けて、ドアモールを再度押し込むだけでOK

ビフォー

アフター。車体色はパールで、ドアモールは明るい白色なので完全には溶け込みませんが、そこまで目立つこともありませんでした。

これでドアの開閉時のストレスがちょっとは軽減されそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください