スプレー&拭き上げるだけで本格ガラスコーティングできる新世代コーティング剤「シラザン50」を使ってみました【レビュー】

日本ライティングが、スプレーするだけで本格ガラスコーティングが可能な「ゼウスクリア シラザン50」を発売しました。前作「ゼウスクリア」は初心者でも簡単に扱えるガラスコーティング剤でしたが、新作「シラザン50」は塗り込みが不要なスプレー式で、これまで以上に施工が簡単になっているとのことで、発表以来、かなり気になっていました。そんなシラザン50を先行モニターとして提供してもらったので、新世代の本格ガラスコーティングを試してみました。
“スプレー&拭き上げるだけで本格ガラスコーティングできる新世代コーティング剤「シラザン50」を使ってみました【レビュー】” の続きを読む

日産の公認ROMチューン「リーフnismoスポリセ」に試乗、その加速感にヤラれてしまいました【レビュー】

一向に納車日が見えてこないアリア・B6 e-4ORCEを待ちつつ、日産ディーラーでリーフに乗る機会がありました。現行リーフはかつて購入を検討していたので試乗しようとは思っていなかったものの、リーフnismo、それもスポーツリセッティング(スポリセ)導入済み車両だということで、どんなものなのか興味が出てきて試したところ……加速の力強さに驚愕し、リーフを見直すほどでした。アリアをキャンセルしてこちらにしようかと迷うレベルのいいクルマでした。
“日産の公認ROMチューン「リーフnismoスポリセ」に試乗、その加速感にヤラれてしまいました【レビュー】” の続きを読む

【黒船】中国EVの雄BYDが日本市場に本格参入、発表会の内容をまとめてみました【来襲】

2022年7月21日、中国のBYD(比亜迪汽車)が日本市場にEV(乗用車)で本格参入することを発表しました。第1弾EVの発売時期はなんと2023年1月とのこと(早すぎ……)。日産アリア(B6 e-4ORCE)を予約している私にとっては寝耳に水の出来事で、思わず発表会に見入ってしまいました。BYDが日本市場に導入する3車種についてまとめてみました。

Hello, e-Life! |ビーワイディージャパン株式会社
https://byd.co.jp/e-life/
“【黒船】中国EVの雄BYDが日本市場に本格参入、発表会の内容をまとめてみました【来襲】” の続きを読む

コロナ禍で延期されていたマツダ・CX-8がようやく納車されたのでプチ・レビュー

フォレスター(SH)に乗っていた義父が、この度「マツダ・CX-8」に乗り換えました。前車フォレスターに特別な不満はなかったのですが、正月早々、ATミッションが壊れディーラーに80万円の見積もりをもらったことで、乗り換えを決断した次第(なお、ヤフオクで中古ミッションを5万円で入手し、CX-8の納車日までしのぎました)。コロナ禍で納車日が伸びて待ち遠しかった新車がようやくやってきたので、さっそく乗らせてもらいました。
“コロナ禍で延期されていたマツダ・CX-8がようやく納車されたのでプチ・レビュー” の続きを読む

日産アリアに試乗、予想以上に上質な内装&走行性能にヤラれました

日産のEVアリアのB6 Limited先行予約者への納車が完了し、街中でもようやく実車を見かけるようになりました。アウトランダーPHEV(GG3W)を購入する際にも、かなり気になっていたアリア。日産のディーラーからB6 LimitedとスタンダードモデルのB6の2台の試乗車がタイミングよくそろったという情報をもらい、良い機会なので試乗してきたところ、予想していた1.5倍は良いクルマで驚きました。
“日産アリアに試乗、予想以上に上質な内装&走行性能にヤラれました” の続きを読む

たった5分でテントを設営できる「ルーフトップテント」でにわかキャンパーが車上泊にチャレンジ【レビュー】

コロナ禍でハマったキャンプですが、やはりテントの設営と(特に)撤収の作業が悩みの種です。デイキャンプでは、設営と撤収で実質的なキャンプ時間が大きく削られてしまい、あわただしくて……。そんな悩みを解消できるツールとして、車中泊ならぬ車上泊が可能な「ルーフトップテント」が流行し始めています。ルーフにベースキャリアがあれば設営可能なルーフテントは、わずか数分でテントの設営と撤収が可能で、初心者キャンパーだけでなくママさんキャンパーにも重宝されるとのこと。長かったスノーボードシーズンが終わりベースキャリアがあるタイミングで、ルーフトップテントを搭載してみました。
“たった5分でテントを設営できる「ルーフトップテント」でにわかキャンパーが車上泊にチャレンジ【レビュー】” の続きを読む

激安の中華インパクトドライバー「SORAKO」は使えるのか?試してみた【レビュー】

インパクトドライバーはあると便利なツールですが、日本製のものは安くはなく、使用頻度を考えるとよほどのDIY好きでないと手が出しにくいものです。ところが、中国製のインパクトドライバーは、5000円前後のものがより取り見取り。先日まで、Amazonで中華工具が大セールをしていたため、中華製ツール価格からの半額という驚異的な価格の製品がゴロゴロしていました。ということで、この価格ならばと、中華製インパクトドライバーのSORAKOに手を出してみました。
“激安の中華インパクトドライバー「SORAKO」は使えるのか?試してみた【レビュー】” の続きを読む

新型アウトランダーPHEVの実車を見てきました【2022年型】

2021年12月16日に発売される新型アウトランダーPHEV(2022年型)の展示車がディーラーに届いたと聞き、ついに実車を見ることができました。「威風堂々」をキャッチコピーにする新型アウトランダーは、写真で見る塊感そのままの迫力あるデザインで、現行モデル乗りの私にとってはかなり魅力的なクルマでした。
“新型アウトランダーPHEVの実車を見てきました【2022年型】” の続きを読む