ドラレコをバックミラーに取り付けられる汎用マウント「iSportgo S60」レビュー

前の愛車G320に取り付けていたドラレコ「JVC GC-DR3」をアウトランダーPHEVで使おうとしたところ、フロントガラスに貼り付けてカメラを固定するマウントを紛失していました。小さなプラスチックのマウントですが専用品のためアレがなければ取り付けられません。マウントのためにドラレコを買い替えるのもなぁ……と思いながらAmazonを物色していると、バックミラーのステーに取り付けられるタイプの汎用マウント「iSportgo S60」を発見しました。どんな使い勝手なのかレビューしておきます。
“ドラレコをバックミラーに取り付けられる汎用マウント「iSportgo S60」レビュー” の続きを読む

アウトランダーPHEVの外装をちょいカスタマイズ、エンブレムとドアガードを付けてみました

アウトランダーPHEVにはディーラーオプションでエンブレムが用意されています。レンジローバーとかなり似たデザインですが、エンブレムがあるだけでカッコよさは20%増し(私の感覚値)なので、さっそく取り入れてみました。ついでにキズ防止のためのドアモールも設置したのでレビューしておきます。
“アウトランダーPHEVの外装をちょいカスタマイズ、エンブレムとドアガードを付けてみました” の続きを読む

自分でやればたった1万円で本格ガラスコーティング、日本ライティング「ゼウスクリア」でDIYガラスコーティングやってみた【レビュー】

クルマのガラスコーティングは、見た目の艶感アップはもちろん、洗車の手間がぐっと減り、3年間はボディをいい状態に維持できるので、新車だけでなく中古車にも施工するのがおススメです。ただ、プロに施工を頼むと磨きナシの格安プランでも5万円からと高価で躊躇してしまうものです。しかし、作業自体は非常に簡単で、手間だけ惜しまなければ初心者でも難しくはありません。特に、近年は様々なDIY用のガラスコーティングキットが販売されており、ハードルはぐっと下がっています。アウトランダーPHEVを手に入れて最初にやりたかったガラスコーティングをようやく行うことができました。使ったのは日本ライティングの「ゼウスクリア」というコーティングキット。施工の簡単さは噂通りだったので、レビューしておきます。
“自分でやればたった1万円で本格ガラスコーティング、日本ライティング「ゼウスクリア」でDIYガラスコーティングやってみた【レビュー】” の続きを読む

車載用のタブレットホルダーをAmazonで物色、なかなか良きブツをみつけました【MAYOGA】

アウトランダーPHEVの純正ナビは、停止中でないとテレビが映らず、後席からはかなり不評です。仕方なくフリップダウンモニターの後付けを検討中ですが、取り急ぎ後席用にタブレットを搭載することにしました。タブレットホルダーをAmazonで検索して、お手頃価格でなかなか良い製品を見つけたのでレビューします。
“車載用のタブレットホルダーをAmazonで物色、なかなか良きブツをみつけました【MAYOGA】” の続きを読む

アウトランダーPHEVを長持ちさせるべく、各種カバーを付けてみた

アウトランダー納車後にすぐにやりたかったのは、各部を保護するカバーの装着。まだまだキレイなうちに保護しておけば、長く愛車をいい状態で保てるはずなので……。アウトランダーPHEVでやりたいことは多いのですが、とりあえず第1弾として、マット類を装着してみました。
“アウトランダーPHEVを長持ちさせるべく、各種カバーを付けてみた” の続きを読む

GクラスからアウトランダーPHEVへと乗り換えました

古いGクラス(G320)から電気自動車の2代目リーフに乗り換えようと思っていましたが、1500Wコンセントによるキャンプの利便性が決定打となりアウトランダーPHEVに心変わりしました。そして、ようやく希望通りのアウトランダーPHEVを手に入れることができたので、記念に投稿しておきます。
“GクラスからアウトランダーPHEVへと乗り換えました” の続きを読む

Gクラスから乗り換えるクルマの検討、水色の2代目リーフから三菱・アウトランダーPHEVへ変更

古いGクラス(G320)から、電気自動車リーフへの乗り換えを検討していましたが、急転直下で車種を変更することになりました。リーフの代わりに選んだのは、三菱のフラッグシップカー「アウトランダーPHEV」。実はすでに納車されていたりしますが、アウトランダーPHEVを選んだ経緯を、いつの日か懐かしく振り返れるように備忘録代わりにまとめておきます。
“Gクラスから乗り換えるクルマの検討、水色の2代目リーフから三菱・アウトランダーPHEVへ変更” の続きを読む

エコカー購入を検討、2代目リーフの特別色「チャイナブルー」に惚れ込むも……

G320から電動自動車のリーフに乗り換えることをほぼ決めていました。特に、リーフに設定された「チャイナブルー」というカラーの虜になり、その色のリーフを探す長い旅に出ることになりました。最終的には、リーフ購入を見送ることになったのですが、真剣に検討した結果、とても魅力的なクルマだと考えており、いまでも後ろ髪をひかれています。リーフ購入目前までいった経緯を振り返ってみます。
“エコカー購入を検討、2代目リーフの特別色「チャイナブルー」に惚れ込むも……” の続きを読む