アメリカの核実験の機密映像をデジタル化するプロジェクトが発足、一部ムービーをYouTubeで公開

第2次大戦から1960年代までにアメリカが行った秘密の核実験の写真や映像をデジタルアーカイブするプロジェクトが発足しました。すでに、YouTubeで当時の核実験の映像が公開されています。

Operation Hardtack-1 – Nutmeg 51538 – YouTube

Operation Teapot – Tesla 28616 – YouTube

Operation Hardtack-1 – Redwood 52538 – YouTube

このプロジェクトはローレンス・リバモア国立研究所のGreg Spriggs博士が主導するもの。1945年から1962年までに行われた200件の核実験の映像や写真4200点が、高度なセキュリティを保った保管施設に点在して保管されているそうで、これらをデジタル化して後世に残すのがこのプロジェクトの目的です。Spriggs博士は、映像を公開し分析することで他の核兵器物理学者が核爆発についてより理解を深めるのを手助けしたいそうです。

Source:The Verge

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください