「世界で最も美しいEV」をうたう「JAGUAR E-TYPE ZERO」

2020年までに全てをEV化すると宣言したジャガーが、フェラーリ創始者のエンツォ・フェラーリをして「世界で最も美しい自動車」と言わしめた「E Type」をEV化して、「世界で最も美しい電気自動車」をうたっています。

Jaguar | E-type Zero – YouTube

パワーは220kW。

40kWhのバッテリーを搭載。

ガソリンコックではなく充電アダプター

内装はクラシカルですが、中央のモニターなどが現代のコクピットらしさを示しています。

2017年9月8日からロンドンで開催されるJLR Tech Festで展示されているとのこと。あくまでコンセプトで価格などは未定です。

なお、ジャガーはEVコンセプト「Future-Type」も発表していますが、ことデザインに関して言えば、クラシックカーの方が秀逸だと言わざるを得ません。

Source:JAGUAR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください