日産アリアに試乗、予想以上に上質な内装&走行性能にヤラれました

日産のEVアリアのB6 Limited先行予約者への納車が完了し、街中でもようやく実車を見かけるようになりました。アウトランダーPHEV(GG3W)を購入する際にも、かなり気になっていたアリア。日産のディーラーからB6 LimitedとスタンダードモデルのB6の2台の試乗車がタイミングよくそろったという情報をもらい、良い機会なので試乗してきたところ、予想していた1.5倍は良いクルマで驚きました。
“日産アリアに試乗、予想以上に上質な内装&走行性能にヤラれました” の続きを読む

激安の中華インパクトドライバー「SORAKO」は使えるのか?試してみた【レビュー】

インパクトドライバーはあると便利なツールですが、日本製のものは安くはなく、使用頻度を考えるとよほどのDIY好きでないと手が出しにくいものです。ところが、中国製のインパクトドライバーは、5000円前後のものがより取り見取り。先日まで、Amazonで中華工具が大セールをしていたため、中華製ツール価格からの半額という驚異的な価格の製品がゴロゴロしていました。ということで、この価格ならばと、中華製インパクトドライバーのSORAKOに手を出してみました。
“激安の中華インパクトドライバー「SORAKO」は使えるのか?試してみた【レビュー】” の続きを読む

新型アウトランダーPHEVの実車を見てきました【2022年型】

2021年12月16日に発売される新型アウトランダーPHEV(2022年型)の展示車がディーラーに届いたと聞き、ついに実車を見ることができました。「威風堂々」をキャッチコピーにする新型アウトランダーは、写真で見る塊感そのままの迫力あるデザインで、現行モデル乗りの私にとってはかなり魅力的なクルマでした。
“新型アウトランダーPHEVの実車を見てきました【2022年型】” の続きを読む

電気自動車の充電が無料になり6万円の協力金までもらえる「ダイナミックプライシング実証事業 毎日充電無料プラン」に申し込みました

BEVやPHEVなどの電気自動車が増えつつある中で、電力需給をうまくマネジメントする仕組みの構築が不可欠になっています。経済的なメリットを与えることで電力需要を分散させピーク電力を減らすダイナミックプライシングはその一例です。ローソンと三菱商事の電力事業「まちエネ」が、EV・PHEVユーザーを対象に、ダイナミックプライシングの実証実験を行います。アウトランダーPHEVユーザーの私にとって「充電が無料になる」という大きなメリットに加えて、実験参加で6万円の協力金がもらえるという魅力的なテストにさっそく申し込んでみました。
“電気自動車の充電が無料になり6万円の協力金までもらえる「ダイナミックプライシング実証事業 毎日充電無料プラン」に申し込みました” の続きを読む

アウトランダーPHEVのバッテリーマネジメントのために「ハイブリッドモニター」を導入してみた【レビュー】

エンジンとモーターで走るハイブリッドカーでは、走行時にバッテリーを良好な状態に保つことが、燃費(&電費)を改善したりバッテリーの劣化を抑えたりするために大切です。とはいえ、バッテリーの状態を体感で把握するのは不可能。そこで、バッテリーやモーターの状態を数値化して確認するために、さまざまな機器やアプリが開発されています。そんなバッテリーマネジメントツールとして実績のある「ハイブリッドモニター」を、この度アウトランダーPHEVに導入してみました。
“アウトランダーPHEVのバッテリーマネジメントのために「ハイブリッドモニター」を導入してみた【レビュー】” の続きを読む

アウトランダーPHEVのバッテリー不具合で走行不能に陥りました……【部品交換で完治】

愛車のアウトランダーPHEV(2019年モデル)が、突如として起動しないトラブルに見舞われました。ディーラーによると駆動用バッテリー内部の問題で、部品交換が必要とのこと。しかし、この部品はかなり特殊なもので取り寄せに時間がかかり、それまではまったく作業できないそうです。現在進行形のトラブルを報告しておきます。
“アウトランダーPHEVのバッテリー不具合で走行不能に陥りました……【部品交換で完治】” の続きを読む

アウトランダーPHEVの外装をちょいカスタマイズ、エンブレムとドアガードを付けてみました

アウトランダーPHEVにはディーラーオプションでエンブレムが用意されています。レンジローバーとかなり似たデザインですが、エンブレムがあるだけでカッコよさは20%増し(私の感覚値)なので、さっそく取り入れてみました。ついでにキズ防止のためのドアモールも設置したのでレビューしておきます。
“アウトランダーPHEVの外装をちょいカスタマイズ、エンブレムとドアガードを付けてみました” の続きを読む

自分でやればたった1万円で本格ガラスコーティング、日本ライティング「ゼウスクリア」でDIYガラスコーティングやってみた【レビュー】

クルマのガラスコーティングは、見た目の艶感アップはもちろん、洗車の手間がぐっと減り、3年間はボディをいい状態に維持できるので、新車だけでなく中古車にも施工するのがおススメです。ただ、プロに施工を頼むと磨きナシの格安プランでも5万円からと高価で躊躇してしまうものです。しかし、作業自体は非常に簡単で、手間だけ惜しまなければ初心者でも難しくはありません。特に、近年は様々なDIY用のガラスコーティングキットが販売されており、ハードルはぐっと下がっています。アウトランダーPHEVを手に入れて最初にやりたかったガラスコーティングをようやく行うことができました。使ったのは日本ライティングの「ゼウスクリア」というコーティングキット。施工の簡単さは噂通りだったので、レビューしておきます。
“自分でやればたった1万円で本格ガラスコーティング、日本ライティング「ゼウスクリア」でDIYガラスコーティングやってみた【レビュー】” の続きを読む