カロッツェリアのカーナビ地図アップデートが格安で可能なMapFanプレミアムの「地図割プラス」で楽ナビをアップデートしてみた【後編】

パイオニアの楽ナビの地図アップデートが格安4000円で可能なMapFanプレミアムの「地図割プラス」。挑戦したものの、中古で買ったナビは前所有者が登録済みだったため、専用ソフトで進行がストップしてしまう状態でした(前編参照)。パイオニアのカスタマーセンターに問い合わせて前所有者の登録情報の削除依頼をかけてから5日後に、登録削除が完了した旨の報告が届きました。これ幸いと、ナビの地図アップデートを再開、最新版の地図を無事ゲットすることができました。超メンドーなパイオニアのナビの地図アップデート方法・後編はこんな感じでした。

MapFanプレミアムへの登録、専用ナビソフトインストール、登録情報削除申請まで行った様子は、以下の投稿で確認できます。

カロッツェリアのカーナビ地図アップデートが格安で可能なMapFanプレミアムの「地図割プラス」で楽ナビをアップデートしてみた【前編】 – TECH-SURF

午前9時に知らない番号からの着信があり、パイオニアからの電話でした。サービスの人は、「登録情報削除が完了しましたので、作業可能です」と手短に説明してくれました。これで地図アップデートを行える状態になりました。

ということで、前回からの続き。再びPCに16GBのSDカードを挿入した状態で、専用ソフト「NAVI STUDIO(ナビスタジオ)」を起動。初期設定画面で「お客様/登録」をクリック。

ブラウザで開いた画面右の「新規のご登録はこちら」をクリック。

「楽ナビLite」をクリック。

ユーザー登録情報を入力して、私はナビ「AVIC-MRZ09」を選択、ナビの「製造番号」を入力して、「内容確認」をクリック。

「登録」をクリック。

登録が完了したら、「ログイン」をクリック。

先ほど設定した「ニックネーム」「パスワード」を入力して、「ログイン」をクリック。

ログイン完了。これでブラウザは閉じてOK。

なお、作業時点での最新版の地図を調べると、楽ナビLiteは以下の「CNVU-R5910DL」のようです。2019年11月に発売されたできたてホヤホヤの地図データでした(ラッキー)

カロッツェリア公式 地図更新ソフト ダウンロード版 楽ナビ/楽ナビLiteマップ TypeV Vol.9・ダウンロード版 (CNVU-R5910DL) | カーナビ地図のMapFanオンラインストア

再びナビスタジオに戻って、「ニックネーム」「パスワード」を入力して、「OK」をクリック。

「OK」をクリック。

「地図データダウンロード中」と出ます。

ここで、「全データ更新の情報があります。情報が確認できるWEBサイトに接続しますか?」と出るので、必ず「はい」をクリックしてください。ちなみに「今は行わず、後日通知する」をクリックすると……

地図データはダウンロードしているように見えますが、異様な速さでダウンロードが完了し……

明らかに地図データの入っていないSDカードができてしまいます。もちろん、地図アップデートには使えません。

ということで、「はい」をクリック。

カロッツェリアのページが開くので、「ニックネーム」「パスワード」を入力して、「ログイン」をクリック。

「確認」をクリック。

「同意する」をクリック。

地図データが最新版の「CNVU-R5910DL」なのを確認すべし。価格は17,600円と表示されますが、MapFanプレミアムに登録したときに発行された「地図クーポン」を入力して「内容確認」をクリックすると……

割引後価格が「0円」になりました。「決済へ進む」をクリック。

この画面で表示される「データ更新用パスワード」は必ずメモっておいてください。ナビ本体でのアップデート時に入力する必要があります。再発行は面倒な手続きが必要なので、スマホで撮影しておくのをオススメします。「ダウンロード開始」をクリック。

「選択」→「リンクを開く」の順にクリック。

「はい」をクリック。

30分ほどで地図データをダウンロードでき、SDカードへの書き込みが終わりました。

地図データが入ったSDカードが完成したら、ナビ本体の作業へ。

ナビの現時点での地図情報は「2013年第2版」でした。カロッツェリアのナビは年に2回、地図データの更新があるそうです。

モニターを倒してSDカードを挿入。

モニターを元の位置に戻すと、「SDカード内に新しいデータがみつかりました。」と表示されました。作業は50分くらいかかるとのこと。「はい」をタップ。

「はい」をタップ。

パスワード入力画面が表示されます。

さきほどメモしたパスワード(小文字でOK)を入力して、「入力終了」をタップ。

「確認」をタップ。

ナビが自動的に再起動します。

バージョンアップがスタート。画面には残り時間「50分」と表示されます。

かなり時間がかかるので、気長に待ちましょう。

約40分で、「100%」に到達。

「確認」をタップ。

さらに、プログラムの更新作業がスタート。

ひたすら待ちます。

更新が完了!作業は本当に50分かかりました……。

ナビが再起動して……

地図が表示されました。

地図データを確認すると、「2019年第2版」と表示され、最新データに更新されていました。

めちゃくちゃセキュリティが厳重で、手間があり時間もかかる作業でしたが、無事、3960円で最新の地図へとアップデートできました。仮に1年未満でMapFanプレミアム会員登録を解除すれば格安でのアップデートが可能です。

地図アップデート作業と時同じくして、パイオニアからMapFanプレミアムの地図割プラスのはがきが届きました。これによると、地図データが入ったSDカード版もあり、MapFanプレミアム会費と合わせて約1万1000円となっていました。地図データをネットでダウンロードして自分でやる場合と、その差7000円。もろもろの作業や時間を考えると、SD版はアリだと思います。それでも少しでも安い方がいい!という人は、この投稿を参考に、ぜひチャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください