スノボシーズン前にジンバル搭載4Kカメラ「REMOVU K1」&「FIMI PALM」をチェック【激遅レビュー】

軟弱キャンパーの私にとって、キャンプシーズンは11月まで、12月からはスノーボードのシーズンが始まります。スノボのシーズンインまで時間はありますが、ボードの手入れを行ったり、グッズを新調したり、ルーフボックスを取り付けたりと、徐々に準備を始めだそうという時期になりました。昨年、GoProに代わってシーズン後半に導入したジンバル搭載の4Kカメラ「REMOVU K1」を取り出したところ、ぶっ壊れていることが判明。カメラをどうしようか、悩むことになりました。

REMOVU K1 | REMOVU K1は、ハンドヘルド型のジンバル/LCDスクリーン搭載型の4Kカメラです。
http://removu.jp/

REMOVU K1は、ジンバルを搭載した4Kカメラ。ポケットサイズのDJI OSMO POCKET(現:DJI POCKET)シリーズに比べるとサイズは二回りほど大きいのですが、レンズサイズが大きいので、屋外ではセンサーのサイズを補って余りある美映像を撮れるカメラです。昨年、シーズン後半に投入したところ、GoProとは比べ物にならないほどブレがなく滑らかな映像に感動し、ゲレンデでは最高の映像を撮れるカメラとして重宝していました。

Amazonでは2万円以下と、価格崩壊中。クセがあり扱いが難しいカメラゆえに、多くの人から軒並み悪い評価を付けられてしまった結果がこれです。

久しぶりに取り出した「REMOVU K1(RM-K1)」。なんかおかしい……。

球体カメラを支えるジンバルが、根元からパックリ。

電源は入り、カメラ自体は生きているようです。

応急措置に両面テープで接着します。

応急措置なので雑

はみ出しまくり。

あまりに見栄えが悪いので、デザインカッターで切り取ろうとしまうが、うまく切れず。

ま、こんなもんかと。

両面テープでしっかりと固定したので、水平方向の回転軸が完全に殺されました。が、この状態でも撮影は問題なく行え、ジンバルも正しく機能し水平を保つことができました。また、上下方向は操作できるので、横方向にレンズを振ることを除けば、これまで通り撮影できることが分かりました。

スノーボードの滑走時の撮影では、パン(水平方向左右)を使うことはほとんどなかったので、取り急ぎこれで12月のシーズンインを迎えようと思います。自撮りすることもないのでこれで十分です。

とはいえ、いつ完全に壊れるかわからない状態のREMOVU K1だけでは心もとないので、新しいカメラを探そうとしますが、やはりどれも高め。REMOVU K1をもう1台買うのが最も安上がりですが、面白みに欠けます。スマートフォンやGoProをジンバルに固定して撮影するという方法もありますが、やはりジンバル搭載カメラの手軽さに比べると、利便性で圧倒的に劣るので、いまいち乗り気がしません。

そんなこんなでREMOVU K1に代わるジンバル付きカメラを探しているときに、「FIMI PALM」の存在を思い出しました。後継機種のPALM 2が登場するタイミングで1万7000円という価格で投げ売りされていたのを購入したものの、使うことなく放置していたのでした。

Download
https://www.fimi.com/download-fimi-palm.html

PALMを見るのは1年くらい(?)ぶり

充電すると問題なく使えました(当たりまえ)。

PALMは説明書が簡素な英語版しかなく、使用方法を検索するのがおっくうになり放置していましたが、今ではウェブやYouTubeで大量に情報があるので、この機会に調べて使おうと思います。

その名の取り手のひらサイズのPALMは、ポケットに入るコンパクトさが魅力的な一方で、ゲレンデではすぐ紛失しそうで心配です。とりあえず、首が左右に動かないREMOVU K1をメインにしつつ、PALMをサブにして、今期のスノーボードシーズンを迎えようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください