邪魔なドコモのキャリアアプリをサクッと強制消去できる「Remove-career-app for Windows」を試してみた【レビュー】

ドコモやauなどの携帯電話キャリアで端末を購入すると、無駄にキャリアアプリがてんこ盛りで困ります。余計なお世話なプリインストールアプリは手動でアンインストールするのも手間ですが、やっかいなことにアンインストールできないアプリもあり、はっきり言って邪魔な存在です。そんな邪魔なキャリアアプリを一括で強制的にアンインストールできるツール「Remove-career-app」のWindows版が登場したので、さっそく手元にあったドコモ版のXperia 1(SO-03L)を使ってサクッと邪魔アプリをアンインストールしてみました。

ドコモ端末のXperia 1(SO-03L)の場合、ドコモ関連アプリからの通知が異様な量であり、はっきり言って鬱陶しい状態です。

しかもこれらのドコモ謹製アプリは、トグルバーがグレーアウトされており通知をオフにすることすら不可能というクソな残念な仕様になっています。

SO-03Lにインストールされたドコモアプリの数々。私にとっては、ほとんどのアプリは一回たりとも使われることなくストレージ容量を圧迫するだけの邪魔な存在です。そこで、これらの目障りなキャリアアプリを一括で強制アンインストールしようというのが今回の試みです。

使用するのは竹林人間(@Chromium_Linux)さんの開発した「Remove-career-app for Windows」という神アプリです。当初、Mac、Linux用が開発されていましたが、この度、Windows版が公開されました(スバラシイ)

SDK Platform-Toolsのダウンロード

まずはADBコマンドを使えるように、Windowsに「SDK Platform-Tools」をインストール&設定します。

SDK Platform-Tools リリースノート  |  Android デベロッパー  |  Android Developers
https://developer.android.com/studio/releases/platform-tools.html

上記ページにアクセスし、「SDK Platform-Toolsをダウンロード」をクリック。

利用規約を下方向にスクロールして……

利用規約に同意にチェックをつけて、「ダウンロードする」をクリック。ソフト(ZIPファイル)をPCの任意の場所にダウンロードします。

先ほどダウンロードしたZIPファイルを解凍した「platform-tools」フォルダを、Program Files (x86)直下に作成した「Android」フォルダに移動させておきました。デスクトップでも作業は問題なく完了するのですが、今後もADBコマンドを使う場合は、わかりやすい場所に保存しておく方が吉です。

Pathを通す

platform-toolsを使うには、Pathを通す作業が必要です。キーボードで「Windowsキー」+「Pauseキー」を押して「システムのプロパティ」を開き、「システムの詳細設定」の「環境変数」をクリック。

「システム環境変数」の中から「Path」を選択し、「編集」をクリック。

「新規」をクリックし、先ほどの「platform-tools」フォルダへのアドレス(C:\Program Files (x86)\Android\platform-tools)を入力して登録し、「OK」をクリック。

「OK」をクリック。

「OK」をクリック。これでPathを通す作業は完了です。

USBデバッグ

次に、Android端末をUSBデバッグ可能にしておきます。多くのAndroid端末では、「開発者モード」にしなければUSBデバッグの設定変更ができません。Xperia 1の「設定」アプリの「デバイス情報」をタップ。

「ビルド番号」を7回連続でタップすると……

「これでデベロッパーになりました!」と表示されて開発者モードに変更できました。

デベロッパーモードでは、「システム」に「開発者向けオプション」の項目が現れるので、これをタップ。

「USBデバッグ」をONにすればOK。これで下準備が完了です。

Remove-career-app for Windowsでアプリの一括削除

いよいよRemove-career-app for Windowsを使って、キャリアアプリをアンインストールします。

Release windows: Update appremove.sh · Aoi-Developer/remove-career-app · GitHub
https://github.com/Aoi-Developer/remove-career-app/releases/tag/windows

上記サイトにアクセスし、「Windows.exe」をクリックしてインストーラーをダウンロードし実行すると……

エラーが表示されました。Microsoftで未認証のソフトのため、実行が阻止されたようです。「Change my app recommendation settings」をクリックして、設定を変更しておきます。

あらためてWindows.exeを実行し、「実行」をクリック。

自動的にコマンドプロンプトが立ち上がり、削除対象となるキャリアアプリがずらずらと表示され始めました。アプリが一覧表示されたら、キーボードで[y]キーを押せば、キャリアアプリの一括アンインストールされる……はずが、エラーが表示され、進みません。

Xperia 1の画面を見ると、「USBデバッグを許可しますか?」という通知が来ていました。「許可」をタップ。

あらためてコマンドプロンプトで「y」を入力すると、キャリアアプリの一括アンインストールが始まりました。

1分とかからずアンインストールが完了し、Xperia 1が自動で再起動しました。再起動後に確認すると、たしかにドコモ謹製アプリの数々がきれいさっぱりと消えていました。ただし、いくつかドコモ関連アプリが残っており、完ぺきではないようでした。

「d払い」など残しておきたいアプリも消えていました。キャリアアプリ以外にもドコモ謹製アプリがアンインストールされるようです。とはいえ、消えてしまったものば再インストールすればOK。スマホ上の操作ではどうやっても消せない邪魔なキャリアアプリが簡単にアンインストールできたので、気分は爽快です。

なお、「Remove-career-app for Windows」はauやソフトバンクのキャリアアプリでも利用可能だとのこと。キャリアアプリに悩まされる場合、試してみる価値は大アリです(ただし、すべては自己責任で……)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください