もしもAmazonで間違った商品が届いたら……返品・交換のやり方が分かりにくかったので記録してみた【レビュー】

Amazonで注文したのとまったく別の商品が届くというトラブルに見舞われました。かなりのAmazonヘビーユーザーの私ですが、間違った商品が届けられたのはこれが初めてのこと。ワクワクしながら返品しようと思いきや、Amazonのサイトが分かりにくくてちょっと戸惑いました。備忘録代わりにAmazonで間違った商品が到着した場合の返品・交換方法を記録しておきます。

Amazonの箱を開けると身に覚えのない商品が……。キャンペーンの同胞品かと思ったものの、目当ての商品がない!注文したのは自転車のスタンドなのに、間違ってイヤホンのゴムキャップ(?)が届いたようです。

さっそくAmazonに問い合わせましょう。Amazon(https://www.amazon.co.jp/)のトップページをスクロールして、一番下にある「ヘルプ」をクリック。

ヘルプページでは商品の返品・交換は可能なものの、誤配による交換の項目が見つかりませんでした。仕方なく、ヘルプページ最下段の「問題が解決しない場合は」をクリック。

右ペインが展開するので、「カスタマーサービスに連絡」をクリック。

「注文について」を選択し、本来届くはずだった商品にチェックを付けて、「その他のご注文に関するお問い合わせ」→「電話」の順に進みます。

最初の「0」を除いた電話番号を入力して、「今すぐ電話が欲しい」をクリック。10秒とかからず(仙台から?)電話がかかってきました。保留音で待っていると、カスタマーサービスの日本人男性が対応してくれました。

すぐに注文した商品をお急ぎ便で発送すると同時に、新たに届く伝票を使って間違って届いた商品(イヤホン)をAmazonまで着払いで送ってほしい旨、伝えられました。通常の返品・交換と同じ手続きですね。なお、「こんな誤配送は初めてだけど、よくあるんですか?」と尋ねると、「そういうケースが存在することは記録されていますが……」と、レアな出来事ではあるようです。

なお、通話完了後に再び同じ件で電話で切るように専用のリダイヤルコールリンクもありました。ここらへんのUIのデキはさすがAmazonという感じですね。

電話を切って、注文履歴を見るとすでに商品の注文手続きが完了していました。ただし、朝早いやり取りだったけれど、当日便には間に合わなかったようで残念です。貴重な休日が……。

Amazonのオペレーションミスでごくまれにある誤配送の場合は、以上のような手続きを踏むことになります。とはいえ、Amazonさん、カスタマーサービスへの経路をもう少しわかりやすくしてほしいです。意図的に埋もれさせているのは、なんとなくわかるんだけれど……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください