第2世代「iPhone SE」に100円ショップのiPhone 8用ガラスフィルムは本当に使えないのか?試してみた【ダイソー編】

前回、100円ショップ「セリア」で見つけたiPhone 8用のガラスフィルム3種類を、新型の第2世代iPhone SEに試しました。噂通りディスプレイガラスのエッジのカーブがiPhone 8以前のものとは異なるため、端が浮き上がるという結果になりました。そこで、次はダイソーのガラスフィルムを試すことにしました。

~前回~
第2世代「iPhone SE」に100円ショップのiPhone 8用ガラスフィルムは本当に使えないのか?試してみた【セリア編】 – TECH-SURF

小ぢんまりとしたダイソーで見つけたのは以下の2種類のガラスフィルム。5.5インチサイズのiPhone 8 Plus用ガラスフィルムは種類も多く在庫も十分にありましたが、4.7インチのiPhone 8用のものはこの2種類がそれぞれ1枚ずつ残っているだけでした(もしかすると、第2世代iPhone SE発売にともなって在庫が枯渇しているのかも……)

まずは、「耐衝撃」をウリにした以下の「強化ガラス」製品から試します。

セリアのガラスフィルムと違って、ダイソーはクロスやアルコールティッシュ、チリホコリ除去用のシールなど付属品が入っていました。1000円くらいで売っているものと変わりませんね(すごいぞダイソー)

後から試すガラスフィルムのアルコールシートを使ってディスプレイをきれいにしています。

保護フィルムを剥がしたガラスフィルムをディスプレイにそっと置くと、やはり自然には貼りついていきません。

指で軽く押すと、貼りつき始めました。

しばらく待つとこんな感じで貼りつき完了。

端の近くに大きな気泡ができてしまいました。かなり力強く外側に押し出しましたが、気泡は消滅しませんでした。

また、端の浮きも結構あります。ということで、この製品の評価は「×」

続いて、「衝撃に強い」「ブルーライトカット」をうたう「液晶保護ガラス」製品。

先ほど使ったアルコールシートはこの製品に付属していたもので、他にもドライシートが付属していました。

ディスプレイをアルコールシートできれいにしてから、保護フィルムを剥がしてガラスフィルムをそっと置きます。

惜しくもディスプレイ左下に大きな気泡ができてしまいました。

しかし、ガラスフィルムをゆっくり剥がしてから貼り直すと、気泡は消えました。

ただし、端の浮きはやはり解消しませんでした。やはり、iPhone 8用の従来のガラスフィルムでは、第2世代iPhone SEの端の浮きを解消することは難しいようです。

とはいえ、この製品は指の滑りもまずまずで、ブルーライトもカットしてくれる(らしい)ので、100円ショップで手に入るガラスフィルムとしては十分合格点を与えられるかなと評価しています。

以上の通り、iPhone 8用のガラスフィルムは、端の浮きが生じてしまうという点で第2世代iPhone SEには完全には適合しないといえそうです。とはいえ、Amazonで1000円程度で買えるガラスフィルムとそん色ないガラスフィルムがダイソーでは手に入るようです。今後、ダイソーには第2世代iPhone SE用のガラスフィルムが入ってくるでしょうから、楽しみに待つことにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください