自動運転カーの技術レベルの世界順位が発表される、意外にもトップはフォード

日産やフォードだけでなくGoogle(Waymo)やテスラ、BaiduなどのIT企業もこぞって参戦している自動運転カーの開発競争。現時点での技術力を総合評価したランキングが発表されました。意外なことにトップはフォードで、日本企業の”現在地”も明らかになっています。

Navigant Researchが自動運転カーの技術の総合力を評価したリポート「Leaderboard Report」を発表しました。世界18の自動車メーカーや自動運転カーを開発する企業の、「技術」だけでなく「品質」「信頼性」「市場戦略」「生産戦略」「マーケティング」など10の基準から評価されています。

縦軸に「Execution(出来栄え)」横軸に「Strategy(戦略)」とり、配置したのが以下のグラフ。フォードとGMが高いレベルでトップ争いをしています。

Top 10 Vendors:

1. Ford

2. GM

3. Renault-Nissan Alliance

4. Daimler

5. Volkswagen Group

6. BMW

7. Waymo

7. Volvo/Autoliv/Zenuity

9. Delphi

10. Hyundai Motor Group

全順位は以下の通り。

4. Company Rankings

4.1 Leaders

4.1.1 Ford

4.1.2 GM

4.1.3 Renault-Nissan Alliance

4.1.4 Daimler

4.2 Contenders

4.2.1 VW Group

4.2.2 BMW

4.2.3 Waymo

4.2.4 Volvo/Autoliv/Zenuity

4.2.5 Delphi

4.2.6 Hyundai Motor Group

4.2.7 PSA

4.2.8 Tesla

4.2.9 Toyota

4.2.10 ZF

4.3 Challengers

4.3.1 Honda

4.3.2 Uber

4.3.3 nuTonomy

4.3.4 Baidu

日本では日産が比較的、早くから自動運転カーの開発に乗り出しており、実走行試験を行うなど積極的ですが、全体的に日本メーカーの出遅れ感は否めないようです。

Sorce:Navigant Research

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください