第2世代「iPhone SE」に100円ショップのiPhone 8用ガラスフィルムは本当に使えないのか?試してみた【セリア編】

第2世代iPhone SEの筐体がiPhone 8と同じことはよく知られています(ちなみにカメラなどかなりの部分の内部パーツも同じらしい)。しかし、ディスプレイエッジまわりのガラスの曲率が異なるため、すでに販売されているiPhone 8など4.7インチiPhone用のガラスフィルムは、貼り付けると端が浮いてしまうという情報があります。物は試しと、100円ショップ「セリア」で手に入るガラスフィルムを3種類試してみました。

セリアで販売されていた「4.7インチiPhone用のガラスフィルム」。こぢんまりした店舗のセリアで購入しましたが、3種類ありました。大型店だと種類はもっとあるかもしれません。

裏面の説明にもある通り、4.7インチiPhoneはエッジ部分のガラスがカーブしているのですが、新iPhone SEの場合、このカーブがかなり内側から始まっているため、伸縮性のある保護フィルムと違って曲がりにくいガラスフィルムでは浮きが発生してしまうようです。

さっそく1枚目。まずは「ファンデ・皮脂がつきにくい」とうたう「強化ガラスフィルム」製品から試してみます。

中身はガラスフィルムのみ。1000円ほどするガラスフィルムにはたいていアルコールティッシュやチリホコリをとるステッカーなどが付属しているものですが、100円ショップのガラスフィルムにはそのような付属品はないようです。まあ、格安なので仕方ありませんね。

保護フィルムをはがす前に、第2世代iPhone SEのディスプレイに重ねてみます。これで貼るときの位置をイメージしておくと、失敗の確率が減るかも。ちなみに保護カバーもセリアで売っていたものを装着しています。

保護フィルムをはがしたら……

手早くディスプレイにそっと載せます。ガラスが自然に貼りついていくかと思って待ってみましたが、一向に貼りついていく気配がありません。

仕方ないので指で押させて強制的に貼りつかせます。

端に巨大な気泡(もはや気泡と呼べないサイズ?)。端が浮くというレベルではない……。

ごしごしガラスを磨くように押し付けましたが、端の浮きは解消しませんでした。

これはダメだと、剥がします。

貼り直せそう。

試しにiPhone 8にそっと置くと、自然と貼りついていきます。

しかし、端の気泡は解消されず。ということで、この製品の評価は「×」。一度剥がしたのでゆがんだ可能性はありますが……。

続いて、紙パッケージがおしゃれで個人的に本命の「ブルーライトカット」をうたう「液晶保護強化ガラス」製品。

サイズ自体は先ほどの製品と変わりません。

この製品は、ゆっくりとですが自然に貼りついていきます。

しかし、やはり端は浮きが発生。

Touch IDの左右にはとんでもなく大きな浮きができました。この製品の評価も「×」。というか、やはり第2世代iPhone SEのディスプレイは手ごわそう。

最後は「フチまで全面保護」をうたう「全面保護強化ガラスフィルム」製品。

ディスプレイ周りはホワイトカラーでした。載せてみると端ギリギリまで覆うサイズです。しかしフチまわりはガラスではなく白色のフィルム(ビニール?)になっており、伸縮性がありそうです。

伸縮性のあるフィルムが奏功したのか、自然と貼りついていきます。

貼りつくスピードも速く、期待が膨らみます。

貼りつき完了。特に押さえつける必要はありませんでした。

しかし、Touch IDまわりに気泡。これはこすってある程度は減らせそう。

一通りこすると全面的に貼りつきました。

よく見ると白いフィルム部分にこすっても消えない気泡が残りました。ということで、この製品の評価は「△」(及第点)。とはいえ今回試した中では、端の浮きが最も少ない製品はこの全面保護タイプのものでした。

以上の通り、今回試した3製品の中で及第点を与えられるのは、「フチまで全面保護」をうたう製品「全面保護強化ガラスフィルム」製品のみとなりました。このガラスフィルム、第2世代iPhone SEはすべてディスプレイ周りのベゼルが黒なので、前面ホワイト化のためのドレスアップフィルムとしても使えそうです。ただし、白い部分が液晶ディスプレイの端をわずかに覆い隠すため、サイトによっては見づらい場面もあるのは弱点です。

満足のいく第2世代iPhone SE用ガラスフィルム探しの旅は【ダイソー編】に続く……かも。

~続き~
第2世代「iPhone SE」に100円ショップのiPhone 8用ガラスフィルムは本当に使えないのか?試してみた【ダイソー編】 – TECH-SURF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください