全身3Dスキャンで脂肪・筋肉の量を計測しスマホ連携でトレーニングが捗るスマートスケール「ShapeScale」

フィットネスのお供である体重計は、「体重」という1つの指標を示すのみで、トレーニングの成果を測る目安としては大雑把に過ぎます。体全体を3Dスキャンして各部位の健康状態を詳細に測定して、スマートフォンとも連携することで目標設定したり成果を直接確認したりできるスマートフィットネストラッカー「ShapeScale」が登場しています。


これが「ShapeScale」。縦長のバーに3Dカメラが搭載されており、黒い台座の上に立って体の各部を調べることができます。

バーを上げて計測を始めると、バーが台座に沿ってぐるりと一周して、体全体を3Dスキャンします。

3Dスキャンによって、体の部位の形状を正確に計測可能。

体脂肪や筋肉量も測定できます。

どこの部位のボリュームが減って……

どこが増えたのかも一目瞭然。

目標値を設定すれば、トレーニングが捗ります。

ビフォー・アフターを比較できるので、トレーニングの励みになりそう。

体の変化は3Dタイムラプスムービーにすることも可能。

ShapeScaleはスマートと完全連携可能。専用アプリはAndroid/iOSの両方が用意されます。

詳細なログを保存可能。

トレーニング期間に応じた体の変化も確認できます。

ShapeScaleはハードなトレーニングをするアスリートはもちろん……

健康増進のために利用可能。

人生の大切な瞬間であるウェディングドレス姿をばっちり決めるために、活用するのも大いにアリ。

ShapeScaleはYコンビネータ出身のスタートアップ。 ShapeScaleの量産化は来年の予定で、現在、予約を受け付けています。ShapeScaleの価格は599ドル(約6万6000円)ですが、予約者は499ドル(約5万5000円)の割引価格で購入可能です。

3Dスキャンの形状検査だけでも、例えば病院や学校での身体測定に活用すれば非常に手間が省けそう。トレーニングを本格的にするなら、7万円の投資は安いものかもしれません。

Source:ShapeScale

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください