わずか10kmしか走行していないほぼ未使用のポルシェ911(964RSR)がオークションに登場

ここ数年にわたって高騰し続けた空冷ポルシェ。「ネオクラシック」という呼び名を与えられた空冷ポルシェは、数年前の3倍以上の価格で取引されています。そんな中、世界限定51台の964RSRがオークションに登場。しかも走行距離が10kmという未使用状態とあって、空冷ファン(と言う名の投資家?)の注目を集めています。

これがクラシックカーオークションRM Sotheby’sに出品予定の964RSR。ポーラシルバーカラーの車体に、紫メタリックのホイール。

土ほこりでボディ表面はややくすみ気味。

軽量化のためにボンピンです。

リアもボンピンで、「RSR」のエンブレムがまぶしいばかり。

RSR用のリアウイングはレプリカ品が出回っていますが、これが本物。

0.2リットル分ボアアップした空冷3.8リットルフラット6は、状態も良さそうです。もちろん走らせるためにはメンテナンスが必要でしょうが。

内装はレッドのレザー仕様。シートベルトやロールゲージに至るまですべてレッド。すごいセンス……。

メーターはホワイトと、オーナーのこだわり具合が伝わってきます。オドメーターは確かに「10km」。なぜ、走らせなかったのでしょうか……?

リアはターボボディ。やはり、964はリア周りがグラマラス。

わずか10kmしか走行していない、激レア中の激レア964。しかも”役モノ”のRSRということで、貴重性は超絶レベルです。落札価格は220万ドルから240万ドル(約2億5000万円から2億7000万円)と予想されているとのこと。

つい最近、走行距離1300kmのポルシェ911(タイプ993のAT)を海外のバイヤーに3000万円で売った人の話を聞いたことがありますが、わずか10kmの964RSRだと文字通り桁が違うようです。

Source: Autoblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください