普通のマスクの20倍長持ちで表情も見えるスマートマスク「O2O2」

経済成長著しい中国の大気汚染は深刻な問題となっていますが、普通のマスクでは汚染の程度に交換ペースが追いつかず、効果的ではないそうです。そんなマスクをテクノロジーを使って再定義する「スマートマスク」とでも言うべきガジェットが登場しています。

自動車メーカーのMiniが出資しアクセラレーターSOSVが支援するスタートアップURBAN-Xの一部門「O2O2」が、次世代マスクを発表しています。大きな特徴は、一般的なマスクでは隠れてしまう表情が分かるシースルーになっているところ。サイドにファンを内蔵しており、空気を循環させるとのこと。北京のような空気の汚れた都市では一般的なマスクが2時間ごとに交換を強いられるのに対して、O2O2マスクは40時間はフィルターの交換が不要になっているそうです。

空気を循環させる力強さは以下のアニメーションから伝わってきます。なお、メガネをしていても曇ることがないそうです。

O2O2マスクは、大気汚染のひどい地域での利用だけでなく、心肺機能を強化するためにマスクを着用するアスリートの使用も想定しているとのこと。空気の流れを内蔵センサーでモニタリングすることで、エクササイズの状態を追跡できるとしています。

O2O2マスクを着用したengadgetによると想像以上に軽いとのこと。O2O2マスクの想定価格は100ドル(約1万1000円)ということで、安いとみるか高いとみるかは効果次第でしょうか。

Source:O2O2engadget

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください