日産の新EV「アリア」の詳細なスペックが解禁直前にリークしてしまう【お漏らし】

日付が変わって本日2020年7月15日に、日産の新型EV「アリア(Ariya)」が全世界に公開されます。しかし、日本の某大手自動車メディアから解禁前に情報が”お漏らし”されてしまったようです。

ゴールド×ブラックのツートンカラーのアリア。どうやらアリアはこのツートンを推すようです。ルーフの2つのシャークアンテナは自動運転「プロパイロット2.0」対応の証。

フロントビュー、リアビューを見るに、東京モーターショー2019で発表されたコンセプトとほとんど変わらない形で市販化されるようです。

リアモーターも備える4WDモデルには「e-4ORCE」のバッジが付きます。

ホワイト×ブラックのインテリアはリーフに比べるとかなり先進的。

横長の液晶ディスプレイはメーター周りまで一連となるデザイン。メルセデスみたいですね。なお、AmazonのAlexa、AppleのCarPlay、Android Autoにも対応するとのこと。

リアシートは(6:4?)分割でき、フルフラットになるようです。この点もリーフから改善されていますね。

充電ポートの位置はリーフがフロントボンネット下だったのに対して、アリアはフロントタイヤ上のフェンダー部分で、運転席側が普通充電用、助手席側が急速充電用がそれぞれ設けられます。

リーク情報は以下の通り。

サイズ:全長4595×全幅1850×全高1655mm
ホイールベース:2775mm
バッテリー:65kWと90kWの2種類
急速充電:最大130kW対応(30分で375km分)

【2WD】
[65kW]:最高出力160kW、最大トルク300Nm、0-100km/h加速7.5秒、航続距離450km(WLTC)
[90kW]:最高出力178kW、最大トルク300Nm、0-100km/h加速7.6秒、航続距離610km(WLTC)

【4WD】
[65kW]:最高出力250kW、最大トルク560Nm、0-100km/h加速5.4秒、航続距離430km(WLTC)
[90kW]:最高出力290kW、最大トルク600Nm、0-100km/h加速5.1秒、航続距離580km(WLTC)

トランク容量:466L(2WD)、408L(4WD)
実質価格:500万円~(補助金なしだと540万円~?)

あくまでリーク情報なので、内容が正しいかどうかは未知数。本日のワールドプレミアが答え合わせとなりそうです。仮に情報が正しければ、アリアはRAV4 PHVに負けず劣らずの性能でテスラのモデルYとタメをはれそう。名実ともにゴーンなきあとの新生・日産のフラッグシップカーとなりそうです。

■追記
アリアが正式に発表されました。事前リークの内容はすべて正しいものでした。お漏らししてしまったク〇〇〇ーは今後、日産に出禁かな。

日産 アリア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください