iPhoneでCPU脆弱性のSpectre・Meltdown対策済みのiOS 11.2.2へ更新すると性能ががた落ちする?

Intel製CPUの脆弱性として発覚した一連の脆弱性問題への対策パッチがWindowsなどのソフトでリリースされていますが、iPhoneやiPad用のiOSも、iOS 11.2.2で対策を採ってきました。対策パッチによってパフォーマンスが大幅にダウンする場合があると言われているSpectre対策で、iPhoneのパフォーマンスがどれくらい落ちるのかをチェックした人がベンチマーク結果を公開しています。


テストしたのは起業家のMelvin Mughal氏。テストした端末はiPhone 6で、すべてのアプリを停止した素の状態でのパフォーマンスを、iOS 11.2.1とiOS 11.2.2で比較しています。

結果はシングルコアで41%ダウン、マルチコアで39%ダウンという、予想通り……というか予想以上のダウン。

シングルコア性能の詳細

マルチコア性能の詳細

iPhoneはバッテリー劣化でパフォーマンスダウンする問題を抱えていますが、Spectreとのダブルパンチはかなり痛いところ。とはいえ、セキュリティ第一であり、対策済みのiOSアップデートをためらうべきではありません……と言いつつ、手元のiPhone 6sのアップデートは先送り中。

Source:Melv1n

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください