巨大ロボットを思わせる外骨格「Furrion Exo-Bionics」が圧巻

Furrionという企業が、ほとんど巨大ロボットと言えるようなエクススケルトン(外骨格)「Exo-Bionics」を発表しました。とんでもない外骨格で、とんでもないことをしようとしています。

Furrion Exo-Bionics – YouTube

Exo-Bionicsに乗り込もうとしている人。Exo-Bionicsの巨大さがよくわかります。

ヘルメットにサングラスを装着して準備完了。

マンモスの牙のような手が持ち上がりました。

のっそのっそと歩き出すExo-Bionics

パイプフレームでできた外観は、威圧感たっぷり。

器用に足を送り出します。

荒野にたたずむExo-Bionicsの異様な光景。

操縦は結構ハードな模様。

両手を覆うようなサポーターでコントロールしています。

ムービーの最後に、もう1台のExo-Bionicsと女性が登場。

ここからはCG。レースをしている模様。

闘技場?

「XMECH Racing LEAGUE」とはいったい……?

Exo-Bionicsは、高さ15フィート(約4.6メートル)、重量8000ポンド(約3.6トン)で、移動速度は20mph(時速36キロメートル)だとのこと。XMECH Racing LEAGUEに関する詳報が待たれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください