Nuro光(2ギガ)からeo光(5ギガ)にチェンジ、速度はどれくらいアップするのか?【レビュー】

申込から1か月以上経ちましたが、ようやくeo光の工事が終わり、我が家に5ギガ(5Gbps)の超高速インターネットが開通しました。それまで使っていたNuro光(2Gbps)からどれくらい速度アップしたのか、さっそく報告しておきます。


eo光 (イオ)|公式サイト
https://eonet.jp/

まずはルーターの外観比較から。左がNuro光でよく使われている「ZTE F660A」で、右がeo光超高速回線(5ギガ/10ギガ)用ルーターです。奥行きはほとんど同じですが、高さはeo光ルーターの方が低めで、全体的に小ぶりです。

しかし、eo光では写真中央の青いモデムも必要なので、機器セットで見ればNuro光よりeo光の方がかなり場所をとってしまいます。

1時間ほどで光ケーブル引き込み工事が終わり、5ギガ回線が開通しました。しかし、Nuro光ルーターと違って、eo光超高速回線用ルーターはWi-Fi機能が標準では無効化されています。工事の人に指摘されて、Wi-Fiオプションを追加していなかったことに気づきました。

無線機能(④⑤)のランプは無点灯。5Gbpsをフルに活用できるWi-Fi6対応ルーターを追加するという手はあるものの、ルーター+モデムのeo光機器が意外に場所をとるので、Wi-Fiルーターを追加するのはためらわれます。とりあえず、月額105円のWi-Fi機能を利用することにしました。

なお、Wi-Fi機能はeo光サポートに電話すると、すぐに有効化できます。電話でオペレーターの人に「1年間料金が無料になるキャンペーンを行っているので適用しておきますね」と言われました。ラッキー。

電話での申し込みから約15分後に、ルーターのアラームが点灯

すぐに無線ランプがともり、晴れてWi-Fi機能が有効化されました。なお、eo光ルーターのWi-Fi機能の上限値は2Gbpsです。

さっそくNuro光との速度比較を行います。まず、Nuro光の速度をFast.comでチェックすると、200Mbpsという値。2年前の導入時には400Mbps弱出ていたNuroですが、積極的なプロモーション活動が奏功したせいか近隣でも利用者が増え、速度はどんどん落ちていき、今や200Mbpsになっていました。ベストエフォートとはいえ、サービスがうたう2ギガの10分の1の実効値は残念です。

んで、肝心のeo光5ギガ(5Gbps)はというと、660Mbps……なんとも微妙。

ネットではNuro光でも実効値1Gbps超えの報告がある中で、かなり期待したeo光5ギガですがベストエフォートの罠にはまり期待外れの結果になりました。まあ、Nuro光の「2ギガ」とeo光の「5ギガ」なので、サービス名で比べると2.5倍超えは果たしたので善しとするか……とは割り切れないですね(^^;)なお、こんなこともあろうかとアップグレードパスとして「10ギガコース」を残しています。5ギガから10ギガへ変えてどれだけ(実効)速度アップするのか……伸びしろが大いに気になるところです。

工事完了直後の結果ですが、「大阪市内某所ではNuro光よりもeo光5ギガは速い」という結果になりました。今後、安定性やWi-Fiルーターの飛びなど、気づいたことを書いていく予定です。

関西でネットを選ぶなら、eo光

~追記~
eo光の5Gbpsに変更してはや3ヶ月が経ちました。その間の感想は、超快適♪ 速度も回線の安定性もまったく問題なし。私の環境ではNuro光より確実に速さを体感できています。10Gbpsに変える必要をまったく感じさせないくらい、速いです。

唯一の欠点は、モデム&ルーターがめちゃくちゃ熱をもつということ。私は扉のついたカラーボックスの中にモデム&ルーターを入れていますが、扉を開けると熱気がただよってくるほど……。夏場はめちゃくちゃ熱がこもっています。回線速度が落ちたり不安定になったりすることはないものの、機械が壊れないかはちょっと心配になります。ま、レンタルなので故障したら交換してもらえるとは思いますが……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください