ポルシェの歴史を振り返る「Porsche Top 5 Series」~機能テスト編~


ポルシェの歴史を振り返るシリーズ「Porsche Top 5 Series」がYouTubeで順次公開されています。2017年3月29日に、ポルシェのお膝元であるバイザッハでの「機能テスト」のトップ5を挙げる「Weissach’s toughest functionality tests」を公開しました。


Porsche Top 5 – Weissach’s toughest functionality tests – YouTube

第5位は「Skid Pad」

ラウンドアバウトのような円形コースで、主に横Gに対するテストを行います。

カウンターを当ててのドリフト走行も。

水をまいた状態でもテストします。

リアエンジンの911では、リアからかっ飛んでいくのがよくわかります。

第4位は「Test Track」

バイザッハのテストコースはかなり高低差がありますね。

ヨーロッパの道路によくある波状路もテストします。

壁をたてての浸水路テスト。

驚くことに、大昔から同じコースを使っている模様。

たとえCカーといえどもデコボコ道をテストするようです。

SUVは段差もお手のもの。

第3位は「Wind Tunnel」

エアロダイナミクス(空力)の風洞試験場です。

レースでは大型のウイングを使ってダウンフォースを稼ぐので、風洞試験は欠かせません。

空気の流れを可視化するために、昔はヒラヒラの付いた棒を使っていました。

タルガやカブリオレでは、風の巻き込みを抑える形状が追求されます。

こんな巨大なファンで風を送る模様。

最新モデルのパナメーラでは、速度上昇に応じて小さなリアスポイラーが立ち上がり、見事に風の渦を消しながら、後方に流しているのがよくわかります。

第2位は「Offroad Track」

30度はありそうな急斜面。

これらのオフロードコースは、もともとはパリダカ用959などのラリーカーのテストコースでした。

こんなジャンプもアリ。

今ではカイエンやマカン用でしょうか。

こんな急斜面でも安定して走行できることが求められます。

もちろん浸水テストもあります。

第1位は「Crashtest」

側面からもテストします。

後方からも。928でしょうか。ハッチバックのガラスは粉々に。

歪みを調べるためか、昔はチェッカフラッグ模様にしていたようです。

こんな巨大な荷台をぶつけるようです。

横転テスト

クレーンからつり上げて……

落とすというテストもあったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください