通勤用にクロスバイクが欲しくなったので初心者向けのバイクを検討してみた

新型コロナウイルスが蔓延する中で、満員電車という名の現代の奴隷船に乗るのにつくづく嫌気がさしました。そこで、自転車通勤すればよいのではないかと考えて、自転車を購入することにしました。当初はスイスイ走れる自転車といえばロードバイクだとばかり思っていましたが、「クロスバイク」という選択肢があることを知りました。ママチャリとロードの間(ずっとロード寄り?)ということで、通勤はもちろん普段使いにも重宝しそうなクロスバイクを購入することにします。ずぶの素人が最初に乗るべきクロスバイクは何かをネットを検索したので、備忘録もかねて書いておきます。

クロスバイクについてあれこれ調べたところ、多くの人の意見として共通するのが「5万円」前後にスイートスポットがあるということ。それ以下のものではコンポーネントなど基本的なパーツに安価なものを使わざるを得ず、クロスバイクの走りを十分には楽しめないとのこと。まともな性能のものだと少なくとも5万円はするようです。もちろん、上を見ればクロスバイクといえどもウン十万円の代物もゴロゴロしているようですが、初心者には不向きであるようです。理由は、自転車のことが分かるようになるとよりイイもの(必然的に高価なもの)が欲しくなるため、いきなり高いバイクを手に入れても無駄になる可能性があること。また、クロスバイクにハマらなかった場合、それこそ高価なバイクが無駄になりもったいないため、5万円前後のものが1台目としては良いようです。

ということで車体価格が5万円前後の定番のバイクを調べると以下のようなものが候補として挙がってきました。

■1.GIANT ESCAPE R3

言わずと知れた日本で最も人気のあるクロスバイクが「ESCAPE R3」。そもそもクロスバイクというジャンルを切り開いた先駆け的存在であり、価格も安くバランスの良いバイクです。アフターパーツの豊富さもダントツ。私の性格上、ノーマルのまま乗ることはなくおそらくイジるであろうことを考えると、やはり人気車種というのは大きなメリットです。もちろん、そこら中で他の人とカブるというデメリットもあるのですが……。

・重量:10.7kg
・フレーム:アルミ
・フォーク:クロモリ
・コンポーネント:シマノ・3×8(アルタス/EF500)
・タイヤ:700×30C(2019年までは28C)
・価格:5万2000円(税別)

GIANTのロゴがカッコいい。カラーは白か黒がカッコよさそう。もちろん現物を見てみないとわかりませんが。

ESCAPE R3にはディスクブレーキ仕様の「ESCAPE R3 DISC」もあります(価格は6万2000円・税別)。私の場合、雨の日は通勤には使わないので、それほどディスクブレーキにはこだわっていません。あればあるで良し、なければ軽いので良しとニュートラルです。

■2.GIOS MISTRAL

ESCAPE R3と並びたつ人気の「MISTRAL」は、「フルシマノ」という点で入門用に非常に評価されています。フロント/リアディレイラー、ギアクランク、スプロケット、ブレーキレバー/ブレーキセットがすべてシマノ製。さらにはボトムブラケットやホイールまでシマノ製ということで、まさにフルシマノ。この上ない安心感は、クロスバイク初心者の私にとってこの上なく頼もしく感じます。

・重量:10.8kg
・フレーム:アルミ
・フォーク:クロモリ
・コンポーネント:シマノ・3×8
・タイヤ:700×28C
・価格:5万1000円(税別)

このカラー、写真で見る限りものすごくカッコいいです!

■3.KHODAA BLOOM RAIL 700

日本メーカー(ホダカ株式会社)製の「RAIL 700」。6万円をちょっとオーバーしますが、エントリーモデルのクロスバイクで10kg未満の軽さはコーダーブルームくらいしかないようです(訂正:GIANT ESCAPE CROSTARがありましたね!)。イタリア、台湾、ドイツ、アメリカなど海外メーカーが多い中で、日本メーカーというだけで魅力的です。軽さもさることながら、クランクカバーが付いていたり、ライトやキックスタンドが標準装備されていたりということを考慮すれば、6万円オーバーとはいえ安いのかもしれません。

・重量:9.4kg
・フレーム:アルミ
・フォーク:アルミ
・コンポーネント:シマノ・3×9(アルタス)
・タイヤ:700×28C
・価格:6万3000円(税別)

最後に変わり種を……

■おまけ.MARIN NICASIO SE

最近のクロスバイク(ロードバイクも?)は太タイヤが流行だとのこと。この「NICASIO SE」はそのトレンドを取り入れたバイクで「Horizon 650 47C」を履いているのが特長です。クロスバイクは28Cが主流ですが、通勤に使うにはやはり乗り心地も気になります。47Cならママチャリ感覚で段差も怖くない!?初心者にとって太いタイヤはそれなりに安心感はありますが、スピードが出るのかどうかはやはり気になります。せっかくクロスバイクでスイスイ走りたいのに、乗り心地とスピードのトレードオフがどれくらいのものなのか……誰か教えて~

・重量:13.1kg
・フレーム:クロモリ
・フォーク:クロモリ
・コンポーネント:シマノ(クラリス)
・タイヤ:650×47C
・価格:6万3000円(税別)

以上の4モデルの中から、店頭で選ぶ予定です。どれもシマノ製のコンポーネントで性能的には問題なし。初心者なのであまり性能ばかり追うよりは、デザイン重視、見た目重視、フィーリング重視で見比べてビビっと来たものを購入しようと思います。買ったら必ずブログに書こう。

~続き~
GIANTの上級クロスバイク「ESCAPE RX2」(新品)を4割引きで購入できた話 – TECH-SURF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください