12コア/24スレッドのRyzen 9 3900XをX370のMini-ITXマザーボードで動かす【あくまで仮組み】

Ryzen 7 1700からRyzen 9 3900Xへの乗り換えを計画していましたが、解禁日に無事、Rynze 9 3900Xを手に入れることができました。しかし、愛用マザーボードのMSI B350 TOMAHAWK(トマホーク:通称トマホ)に換装したところ、まったく反応しません。これがトマホの限界なのか……?、それを確かめるために、第3世代Ryzenへの対応BIOSがリリースされているASRockのX370チップMini-ITXマザーボードを使って、Ryzen 9 3900Xを動かしてみました。

「トマホでRyzen 9」の夢がはかなく散ったのはすでに投稿済みです。

【悲報】MSI B350 TOMAHAWK(トマホ)では12コア/24スレッドのRyzen 9 3900Xが動きませんでしたTT【解禁日速攻レビュー】 – TECH-SURF

考えにくいことですが、「購入したRyzen 9 3900Xの初期不良ではないのだろうか?」という思いが頭から離れません。そこで、サブ機用として用意していたASRock「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」を急遽用意して、Ryzen 9 3900Xを載せてみることにしました。これで動けばトマホの限界ということで諦めがつくというものです。まずは、BIOSアップデートが必要なので、Ryzen 7 1700をFatal1ty X370 Gaming-ITX/acに搭載します。

BIOSデータは以下のページからダウンロードできます。


ASRock > Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac
https://www.asrock.com/MB/AMD/Fatal1ty%20X370%20Gaming-ITXac/index.jp.asp#BIOS

ASRockは2019年7月5日付でRyzen 3000シリーズ対応のBIOSバージョン「5.70」をリリースしていました。これをダウンロードして、BIOSアップデートします。

しかし、BIOS5.30以前の場合、先にブリッジ版の5.30に上げる必要がありました。これに気づかずに、かなりの時間を浪費してしまいました。

なんにせよ無事、BIOSも5.70になったところで、Ryzen 9 3900Xを搭載。

CPUクーラーは高さ制限があるので良さそうなものがありません。そこで、Ryzen 9 3900XのリテールクーラーのWraith Prism RGBの登場。

トップフロータイプのWraith Prism RGBは、かなりの厚みのあるファンに、ヒートパイプ付きのヒートシンク。

なんと、クリップタイプへ回帰。Ryzen 7 1700のWraithクーラーはねじ止めだったのに、なぜまたクリップへ……。おかげでFatal1ty X370 Gaming-ITX/acのクリップ用の受けプラスチックを探す羽目になりました。

無事発見したプラスチックをマザーに搭載。

そしてWraith Prism RGBを搭載。簡単に書いていますが、Mini-ITXケースに組み込んだマザーボードにひっかけ金具をかけるのは至難の業でした。うまくひっかけたはいいものの、次に取り外せるのか不安を感じます。

そしてスイッチONにすると、CPUクーラーのファンがRGBに輝きました。動いたー!

けれど、Wraith Prism RGBのファンのLEDは、あまり好みではない……派手すぎでしょ……これ。こういうのは赤一色でいいんだよ。

BIOS(UEFI)でもしっかりとRyzen 9 3900X(12core)と認識されました。

ということで、Ryzen 9 3900Xは初期不良ではありませんでした。手元にM.2タイプのSSDがないので、本日は起動確認だけで終了。寝ます。はあ、トマホークのRyzen 3000対応のベータBIOSはなぜ消えたんだ……。トマホを諦めきれません。ってか、Mini-ITXケースに12コア/24スレッドは無理っす。どうするか、早急に対策が必要なようです。

~続き~
12コア/24スレッドのAMD Ryzen 9 3900Xレビュー、ベンチマーク・消費電力・CPUコア温度を調べてみました – TECH-SURF

5 Replies to “12コア/24スレッドのRyzen 9 3900XをX370のMini-ITXマザーボードで動かす【あくまで仮組み】”

    1. >匿名さん
      情報ありがとうございます。トマホだけないやん……MSIしっかりしろよ!
      今日だけで2回Ryzen 7 1700とRyzen 9 3900Xの入れ替え作業をしているので、お腹いっぱい。
      でも、対応したら、速攻で試します!

  1. ついでにAM4マザーボード総合スレッドにある「ZEN2 AM4全マザーボード対応チェックシート」もご覧になることをお勧めします

  2. トマホの対応バイオスは来週みたいなことがフォーラムに書かれてましたよ

    まだ物が届いてないので待ちます

    1. >八百屋お七さん
      情報ありがとうございます。信じて待ちます!
      X470マザーに移行してもいいのですが、PT1資産を生かすためにトマホで粘りたい……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください