【W463】G320が交差点で突然のエンスト、オールドメルセデスのパーツ枯渇問題におののく【Gクラス】

先日、G320が不調でエンストする事態に陥りました。修理に出すと、メカニックさんに恐ろしいことを伝えられたので備忘録代わりにメモしておきます。

元々は、うちの家族が走行中にエンストしたのが始まり。たまたま私は出張でアメリカにいたので、深夜に起こされてLINEで報告を受け、なんやかんやの手配をさせられるというハメに……。症状的に「電気系のトラブルかな?」と思いつつ、「ガソリン切れでは?」という疑念もありました。以前、燃料計の針が全然下がらなくなったことがあり、気づかないうちにガス欠したのではないか、と。結局、その時はロードサービスにガソリンを入れてもらったところ無事始動して帰宅できたので事なきを得たとの報告を受けました。

帰国後、G320のガソリンを満タンにしてみたら、30Lくらいしか入らない。ロードサービスの10L+給油した30L=40Lなわけで、90Lオーバーのタンクから言って、明らかに計算が合わない。ということで、ガス欠ではなかったようです。テスト走行しても特に挙動におかしいことはなかったので、放置していたのですが、先日、停止時にアイドリングが明らかにおかしくなる現象に遭遇して、故障しているのを確信。行きつけの工場に電話で見てもらうよう予約を入れました。

翌朝に持っていこうとする道中でなんと突然のエンスト。3車線ある交通量多めの道路の交差点の真ん中でのエンストだったのでかなり焦りました。幸いなことにやや下り坂だったので、ゆっくりと安全な場所に寄せることには成功。パワステを失ったGクラスってあんなに重いのだなと驚きました。

ということで、ロードサービスに運んでもらうことに。Gクラスくらいの大きさのクルマだと目立ってしまい、かなり恥ずかしい思いをしました……。

工場に到着すると、エンジンはかかります。ただし、「かなりガソリン臭いですね」とメカニック。テスターを当てると、エアフロメーター(エアマスセンサー)の故障(ガスかなり濃いめ)と、リレーユニットにもエラー歴アリ。ということで、エアマスセンサーとリレーユニットの交換ということになりました。

エアマスセンサーはベンツマーク入りの純正品は8万8300円(税抜き)という驚きの価格。聞けば数千円の中国製があるというピンキリの部品らしく、もう少し安いものを探すことにしました。この工場はパーツの持ち込みOKなので、楽天でBOSCHのエアマスセンサーを3万円強で手に入れました。確実にベンツ純正品と中身は同じだろうに、マークを付けるだけで3倍の価格という無茶苦茶なシステム。ベンツに限らず外車のボッタクリパーツ代はなんとかならないものなのか……。

リレーユニットは社外品がなかったので、ベンツ純正品で3万4900円(税抜き)也。これらの交換工賃自体はそれぞれ3000円と2500円なので、単にパーツ代のせいで「外車は修理が高い」ということになっています。ただし、メカニックさんは、あくまでエラーコードからこの2点から換えるべきだが、急にエンストする症状から「エンジンハーネス」の可能性が捨てきれないとのこと。なお、エンジンハーネスはすでにメーカー供給が停止しており、手に入らないそうです。手に入らない……。そんなのアリか……。

自分で調べると、何点か社外品(おそらく強化品)が見つかったものの、17万円からという足元をみまくった強気の価格。工賃も数万円の修理なので、交換作業だけでもかなり高くつくようです。幸いなことに、エアマスセンサーとリレーユニットの交換で治ったので、今回はエンジンハーネスの修理・交換は必要なしとなりました。

こんな配線の束が17万円オーバー

M104の直6の音は本当に素晴らしく、エンジン自体のパーツ供給は豊富なので、あと10年くらい乗れたらいいなぁと考えていたのですが、エンジン本体以外の補器類のパーツ入手難は盲点でした。エンジンハーネスなどの比較的高価な部品の供給停止は大問題です。40年近く売ってきた長寿モデルなのだから、作ってくれよ……と思いますが、メルセデス・ベンツも新車を売ってなんぼということで、仕方がないのでしょう。中国で安く強化品を作っていないのだろうか?今度、調べてみることにしよう。

ちなみに、エンジンハーネスをワンオフする企業もいくつかあるようでS30のZなど旧車でお世話になる人がいるようです。価格は……きっと、べらぼうに高いでしょうね……。32Rのような人気車ではいまだに社外品が供給されるようですが、Gクラスも作ってみたら、けっこう需要あると思うんですがね……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください