ポルシェ911のデザインの変遷を一気に振り返るムービー

ポルシェ911といえばカエル顔になだらかなリアビューなど、特徴的なデザインのスポーツカーの代表格です。また、スタイルがほとんど変わらないことでも有名な911シリーズを、イラストで一気に振り返ると、予想通りの安定っぷりと、近年の肥大化が手に取るようにわかります。

Evolution of the Porsche 911 | Donut Media – YouTube

911の元祖である「901」からムービーはスタート。3桁の真ん中の「0」の商標を持つプジョーのクレームから、911に名前が変更されたというのは有名な話です。

そして通称「ナロー」と呼ばれるモデル。先の901も「911S」も、どこからどう見ても911のスタイルといえるプロポーションです。

途中で名車「73カレラ」などを挟みますが、不動のデザイン。もはや間違い探しかというレベル。

「930」になり愛称通りのビッグバンパーが搭載されますが、デザインはほとんど同じ。

「964」でもキーコンセプト。901から30年近くデザインが変わらないという、スポーツカーとして完成された形と言えそうです。

最後の空冷「993」あたりから911の肥大化が始まります。

全長が伸びカエル顔でもなくなった「996」

カエル顔に戻った「997」

そして現行モデルの「991」へ。こうして振り返ると、やはり911らしいのはせいぜい964までだとよくわかります。

Donut MediaのEvolutionシリーズでは数々の名車のデザインの変遷が見られます。日産のスカイライン編など、ダイナミックなデザイン変更は見ていて大いに楽しめます。

Evolution of the Nissan Skyline [ + GT-R ] | Donut Media – YouTube

スカイラインに比べると911編は本当に変化に乏しい内容と言えます。これ以上に変化がない自動車といえば、メルセデス・ベンツのゲレンデヴァーゲンだけかも……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください