世界最速ドローンは音速の4分の1まで到達

ドローンレースの最高峰Drone Racing Leagueのプロトタイプ機が「世界最高速度のドローン」としてギネス記録に認定されました。なお、ドローンの飛行速度のギネス認定自体これが初ですが、尋常ならざる速度を見せ付けています。

World’s Fastest Drone | Drone Racing League – YouTube

2017年7月13日。Drone Racing Leagueのプロダクトディレクターを務めるRyan Gury氏が率いるチームはゴルフ場に到着。

ドローンの最速記録の立会いには、ギネスワールドレコードの調査員も駆けつけました。

このクアッドコプターが世界最速のドローン「DRL RacerX」

重量は800グラムで、1300mAhのリチウムポリマーバッテリーを2基搭載しています。

FPV用のゴーグル

ということで、記録更新をかけてDRL RacerXが飛行開始。ものすごい高音を上げています。

最高速度は179.3mph(約289km/h)だとのこと。

目で追うのもたいへんです。

テストの終盤には墜落してしまいました。

テストでは100メートルの距離を往復した平均値が記録されたそうで、記録は163.5mph(約263km/h)だったそうです。

ちなみにフルパワーでぶっ飛ばしたせいで、DRL RacerXは炎上してしまったそうです。実際のレース機も、近々進化するのかもしれません。

Source:The Drone Racing League

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください