ノートPCの覗き見防止用の格安プライバシーフィルターをレッツノートCF-SX2に装着してみた

激安1万4980円で購入したレッツノート「CF-SX2」のカスタム総仕上げとして、のぞき見を防止するプライバシーフィルターを装着することにしました。斜めから見ると画面が真っ黒になり、のぞき見されるという心配がなくなるプライバシーフィルターを一度でも使うと、これなしではおいそれと外で作業できなくなるくらい頼もしいものですが、純正品は非常に高いので、格安のサードパーティ製品をAmazon.co.jpで物色しました。

純正品がどれくらい高いかというと、現行モデルCF-SZシリーズ用のものは、Amazonで1万2000円強。高い……。取り外しが楽という利点はあるのですが、さすがにフィルター1枚に1万円以上は出せません。純正品はしっかりとのぞき見を防止してくれるという安心感はあるものの、やはり高すぎです。それにSXシリーズ用は廃版となっており、もはや純正品は手に入らないようです。

ということで、他社製のプライバシーフィルターをいろいろ比較してみた結果、以下のYMYWorldの12.1インチモデル(ブルーライトカット有)が良さそう。決め手は取り付け方を3種類から選べることと、Amazonのユーザーレビューでのぞき見防止効果が高そうだという点です。

価格も2720円(購入時)と、手ごろでした。

Amazonからは段ボールにしっかりとした梱包で、30センチ幅のフィルターが到着しました。

中身はフィルターやゴミ除去シートやシール類が入っていました。

画面にあててみると、くぼみにほぼピッタリのサイズ。

説明書には3種類の装着方法が書かれてありました。取り外しできるようにベゼルに4つのツメを取り付けてフィルターを保持するタイプ(タブで固定)を選ぶことにしました。

これがツメ。両面テープで強力に接着します。

シールをはがして……

ベゼル左右と下に2つずつの合計6か所に設置。

あとは、フィルターの裏表の保護フィルムをはがして……

上からツメの間に通せば装着OK。

斜め45度から見ると、まったく見えないくらい黒くなりました。フィルムの縁から漏れている画面と見比べれば光のカット率の高さが分かります。

Amazonのユーザーレビュー通り、40度くらいからはしっかりと光を遮断してくれながら、正面の見づらさもないことから、プライバシーフィルターとしては十分合格点を与えられる製品でした。なお、この製品は12.1インチ(16:9)の液晶画面に適応しますが、ユーザーレビューには「IPS液晶では効果なし」という情報もあるので、IPS液晶を使用している比較的新しいノートPCには適合しないようなので注意が必要です。なお、レッツノートのSXシリーズであれば、今回試したSX2はもちろん、SX3、SX4でもしっかり使えると思います。値段も安いので、オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください