OnePlus 6はデュアルチャンネルUFS2.1でeMMCの4倍の高速ストレージになる見込み

発売が近いOnePlusの次期モデル「OnePlus 6」が、高速ストレージのUFS2.1をデュアルチャンネルで使用すると報じられています。

UFS2.1のデュアルチャンネル化によって、データ転送速度は1.5GB/sと、eMMCの4倍高速になる見込みだとのこと。4Kなど大容量データの取り扱いが楽になりそうです。

ただ、OnePlus 7(仮称)ではUFS3.0ストレージの採用が予想されており、こちらの速度はデュアルUFS2.1よりも速いとのこと。私のAndroidメイン機は、OnePlus 3⇒OnePlus 5と来ましたが、ダサいノッチ(切り欠き)デザインのOnePlus 6はスキップしてOnePlus 7に行こうと思います。

Source:驱动之家

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください