iPhoneの邪魔な「Live Photo」を無効にする方法

テクノロジー関連の情報を載せるといいつつ、Ryzenしか書いていないので、iPhoneネタでも。iPhone 6s以降には、動く写真こと「Live Photo」という機能が搭載されています。しかし、これが思いの外邪魔に感じている人も多いと思います。無効にする方法はいまいちわかりにくいので、備忘録としてメモしておきます。

Live Photoでは写真撮影の前後1.5秒をムービーで撮影しています。そのため、ストレージ容量がひっ迫している場合などは余計な機能と感じてしまいます。カメラアプリの上部中央の○が黄色の場合はLive PhotoがONの状態。

タップしてOFFにすることは可能ですが、ショートカットでカメラを呼び出した場合など、自動的にONになってしまうことが多く、毎回毎回OFFにするのは面倒です。

このLive Photoが自動でONになるのを防ぐには、カメラアプリでLive PhotoをOFFにした状態で、「設定」アプリの中の「写真とカメラ」をタップして……

「設定を保持」をタップ。

「Live Photos」を「ON」にすればOK。これは、前回のカメラアプリの状態を保持するかどうかを選ぶので、Live PhotoをOFFにしていればその状態を保持して自動的にONになるのを防ぐという意味です。非常にわかりにくいですね。「Live Photos」を「ON」にするというのがLive Photoの自動ONを予防するという目的と正反対だからです。

誰でも説明書なしで使えるのがiPhone(iOS)の良いところだったのですが、最近はわかりにくい部分が多すぎ。設定アプリの階層も複雑すぎ。Appleはもう少しUIの設定を詰めるべきだと思います。

2 Replies to “iPhoneの邪魔な「Live Photo」を無効にする方法”

  1. Hey There. I discovered your weblog the usage of msn. This is
    an extremely well written article. I will make sure to bookmark it and
    come back to learn extra of your useful information. Thank you for the post.
    I’ll certainly comeback.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください