タグを付けるだけで紛失とおさらばできるツール「MAMORIO RE」レビュー【設定編】

「なくすを、なくす」をコンセプトにした紛失防止タグMAMORIOに、世界最小サイズを更新し、なおかつ電池交換にも対応した「MAMORIO RE」が登場しました。MAMORIO REの早期レビューに当選したので、さっそくどんな使い勝手なのかをレビューします。今回はその第1弾、設定編です。

世界最小クラスの紛失防止タグMAMORIOの公式ストア
https://store.mamorio.jp/?pid=152291414

MAMORIO REの外観は前回の投稿を参照のこと。

「なくすを、なくす」紛失防止ツール「MAMORIO」が世界最小サイズを更新&電池交換可能になった新製品「MAMORIO RE」を発表、速攻レビュー(予定……です) – TECH-SURF

アプリ設定

まずはMAMORIOアプリをインストールします。

MAMORIO – Google Play のアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=otoshimono.com.lost.mamorio

‎MAMORIO on the App Store
https://apps.apple.com/sb/app/mamorio/id952095468

今回はiPhoneでアプリを設定してみます。App StoreでMAMORIOアプリをダウンロード・インストールして「開く」をタップ。

「OK」をタップ。

「新規アカウント作成」をタップ。

メールアドレス・パスワードを指定して、チェックをつけたら、「アカウント作成」をタップ。

指定したメールアドレスに認証用URLが送付されました。

ユーザー登録のメールを確認したら、本文にあるリンクをタップ。

メールアドレスが認証されました。メールを閉じて、再びMAMORIOアプリを開きます。

「OK」をタップ。

アカウント登録が完了しました。「OK」をタップ。

次に「Bluetoothの使用を許可」をタップ。

「位置情報へのアクセスを許可」をタップ。

「Appの使用中は許可」をタップ。

「モーションフィットネスへのアクセスを許可」をタップ。

「通知を許可」をタップ。

「許可」をタップ。これで初期設定は完了。基本的にMAMORIOの機能を有効化するために、権限許可を行うだけです。

MAMORIO登録

アプリの設定が完了したので、さっそくMAMORIO REを登録してみます。アプリのホーム画面の「MAMORIOを登録」をタップ。

この画面の状態で、スマートフォンの近くにMAMORIO REを置いて、絶縁シートを抜いて電源を入れればOKとのこと。

指示通り、MAMORIO REをスマホ横に置き、黄色い透明の絶縁シートを引き抜いて、電源を入れると……

画面に「登録可能なMAMORIOです!」と表示され、下のインジケーターランプが点灯しました。「登録可能なMAMORIOです!」をタップ。

守る対象を選択します。まずは財布を守ってみます。「財布」をタップ。

MAMORIO REに付属していた財布シールを張り付けておきました。MAMORIO REは真っ黒なデザインの小さな端末で特徴がなく、それ自体で他のMAMORIO REと区別がつきません。こうしてシールを貼ったりして目印を付けておくと、何を守っているMAMORIOなのか迷うことはありません。

名前やカテゴリーが自動的に「財布」と入力されました。なお、MAMORIOアプリでは守っている対象を写真で登録できます。「画像を設定」をタップ。

「写真を撮る」をタップ。

「OK」をタップ。

財布の写真を撮影して……

「写真を使用」をタップ。

財布の写真が登録されました。「完了」をタップ。

これで財布を守るMAMORIO REが登録されました。

あとは財布に登録したMAMORIO REを入れておくだけでOK。スマートフォンで位置を確認したり、手元から離れた場合にいつどこでなくしたのかアラートを出せるため、紛失リスクを激減させられます。

近くにある時は、アプリのインジケーターで近くにあることを確認できます。カバンなどにしまった財布があるかどうかカバンを開けることなくスマホで確認できるので便利ですね。

「近くにあるのに場所がわからない!」というときに、アプリで場所を特定することもできます。「カメラで探す」をタップ。

カメラが起動した状態で回りを見渡すと、MAMORIO REに反応した場所が画面右上のワイプ窓で赤く反応するので、どの方向にあるのかわかります。その方向に進むとスマホが振動するので、だんだんとMAMORIO REの場所に近づくことができます。

クローゼットの中に隠した財布(with MIMARIO RE)を発見できました。ちょっとした宝探し感覚で、なかなか楽しめます。

さらに、「MAMORIO REを使ってみた」レビューは続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください