Nuro光のONUは「HG8045Q」は地雷、絶対に「F660A」を選ぶべき(半年ずつ使って得た結論です)

最速インターネットをうたうNuro光。うたい文句にたがわぬ速さを実現しているといえますが、それは貸し出されるONU(ルータ)次第かもしれません。レンタルできるNuro光用のONUのうち、ZTE製の「F660A」とHuawei製「HG8045Q」をそれぞれ半年以上使った結果、「HG8045QはF660Aに比べて圧倒的に劣る」という結論に達したので報告しておきます。

まず、それぞれの機器を長期間使うことになった経緯について。NuroのレンタルONUは投稿時点では大きく分けてZTEのF660AとHuaweiのHG8045Qの2種類があるようです。ともに5GHz対応のONUで、Nuroによると基本的な性能は同じ。工事業者が設置するのがどちらかで、基本的には事前に指定できないようです。しかし、ネットの情報を見ると、他の機種への入れ替えを希望する場合、1度に限り対応してもらえるようで、とりあえずどちらかの機種を試して不満が大きければ他の機種へ変更してもらうという人が多いようでした。

ウチには当初、ZTEのF660Aがやってきました。速度面でまったく問題なく、「ちょっと大きいかな?」というくらいしか不満はなかったのですが、調べているうちにUSBポートに外付けHDDを装着して使う「NASモード」において、HuaweiのHG8045Qに劣る(具体的にはファイル形式でNTFSが選べない)という違いがあることを知りました。我が家で導入しているNASはONU直結ではなくルーター経由なのでまったく問題はなかったのですが、「できることに違いがある」ということはむず痒い気がしたため、HuaweiのHG8045Qへの入れ替えをお願いしました。

F660AとHG8045Qの大きな違いは大きさ。縦置きタイプのF660Aの方が、横置きタイプのHG8045Qに比べるとかなりのっぽです。

奥行き(横幅)はF660Aの方が短いのですが、基本的には大きさで言えばF660Aが大きく、HG8045Qの方が省スペースで設置性は良好、と言えると思います。

しかし、HG8045Qに変更した直後に「電波範囲の狭さ」に気づきました。HG8045Qは、はっきり言って電波の届く範囲がF660Aとは比較にできないくらい狭いです。とくに上方向への電波は壊滅的で、それまでF660Aで2階に楽々届いていた5GHz通信は、HG8045Qに変更するとまったく届かなくなりました。2.4Ghzはかろうじて2階まで届くものの、Nuroの高速性がスポイルされてしまうのは間違いありません。2.4GHz帯も含めてHG8045QはWi-Fi電波の届く範囲が狭いので、1Kや2LDK程度の間取りであればまだしも、戸建て住宅ではすみずみまで快適にWi-Fiを届けるのは厳しいと言えます。

さらに、HG8045QはF660Aに比べると「通信速度が安定しない」という欠点がありました。特に「端末が5GHz帯を見失ってしまう」という現象が頻発してしまい、そのたびに切断→再接続を繰り返さなければいけないのは非常にストレスなものでした。さらに、5GHzは再接続しても「インターネットなし」となり、インターネット接続すら不可という現象が頻発。HG8045Qを再起動させなければいけないという状態になり、快適とは程遠い状態になりました。

Nuroに相談したところ、「HG8045Qを初期化して工場出荷状態で試してほしい」ということなので初期化してデフォルト状態で使っていましたが、Wi-Fiが安定しないという状態は改善しませんでした。ONUのハードウェアトラブルの可能性があるのでONU交換は可能だが、あくまでHG8045Qという同一機種への交換になるとのこと。すでに1度きりの交換権を使っていたので仕方がないということですね。とりあえず、HG8045Q同士の交換をお願いしましたが、やはり「インターネットなし」になる現象は再現性アリでした。HG8045Qの仕様上の問題という結論が出たので、その旨、報告しました。すると、Nuroから「環境の問題もあるかもしれないが、以前のF660Aで問題がなかったとのことなので、F660Aを送るので比較してほしい」という申し出を受けました。再度のF660Aへの交換は不可だけれど、調査報告をしてもらう代わりに選択肢を与えてもらえるという、私にすればありがたい話でした。

ということで、不満だらけで6カ月間付き合った「HG8045Q」(左)と、半年ぶりに我が家にやってきたF660A(右)とを同時に使い、比較してみました。

まず通信速度。ONUから50センチメートルしか離れていない場所のノートPCを使ってWi-Fi速度を比較してみました。5GHz帯を使ったHG8045Qの速度は以下の通り。Fast.comを使った速度チェックでは110Mbps。

これに対して同じく5GHz帯を使ったF660Aは380Mbps。障害物のない至近距離での利用なのでほぼ「最高の状態」での比較ですが、速度差は歴然としています。

その他HG8045Qで不満だった、電波の範囲の問題や「5GHz帯でつながらなくなり、インターネットなしにもなる」という問題も3日経過時点ではF660Aでは発生せず。我が家の環境が原因ではなく、純粋なONUの性能の違いではないかという気がしています。もちろんNuroには結果を報告して、HG8045Qを返品したい旨、伝える予定です。

Nuro光の高速回線をフルに活用するためにはスリムな「HG8045Q」ではなく、少し大きな筐体を甘受してでも「F660A」を選ぶ方がよい、というのがそれぞれの機種を半年使った私の結論です。もしもNuro光のスピードや安定性、電波強度に不満があり、ONUとしてHG8045Qが貸し出されたというユーザーは、一度F660Aへの交換をお願いしてもらうと良いかもしれません。ただし、ONUの機種交換は1度きりなので今、F660Aを使っているユーザーは決してHG8045Qへ交換しない方が良いと思います。

あくまで「おま環」の可能性アリのレポートですが、参考になれば幸いです。

5 Replies to “Nuro光のONUは「HG8045Q」は地雷、絶対に「F660A」を選ぶべき(半年ずつ使って得た結論です)”

  1. 無線LANルーターの比較実験レポートを有難うございます。
    我が家も、NUROでHG8045Qを使用していますので、興味深く拝読しました。
    これまで、ルーターの「スピードや安定性」に不安を感じた事はありませんが、無線電波の到達範囲が狭い事、特に上下階への伝搬が弱い点は同感です。
    最初は中継器を使っていましたが、その後HG8045Qを寝かせてみたら、上下方向の到達距離が格段に改善することを発見しました。HG8045Qはアンテナの指向性が強く、本機に対して垂直方向に電波が強く出ているようです。参考になれば幸いです。

    1. コメントありがとうございます。私も「平置き」は試したのですが、ほとんど変わらなかったので、私の飛ばしたい2階のエリアが狭すぎるのかもしれません。

  2. Nuroではない,Huaweiしか選べないプロバイダーのユーザーです。先週,フレッツの 光ネクスト ファミリー(1Gbps)から乗り換えました(回線は多分auです)。
    私の環境(木造3階建てで,3階にHuawei,2階にIO Data,ともに11ac対応)において,3階でSony Xperia XZ, Xperia XZ3をそれぞれHuaweiに接続して1m以内でスピードテストをすると,両方ともゴールデンタイムで300Mbps弱,深夜なら500Mbps弱でます。両機ともアンテナは2本なので,最高リンク速度は860Mbpsですから,オーバーヘッドなどを考えればほぼフルスピード出る感じです。
    因みに,本機導入前はNECのWG1800HP4を使用しており,Huaweiの電波を停止してNECに切り替えたときの速度はわずかにHuaweiより遅い数値が出ていました。

    ということで,環境や接続機器によっても異なるのではないでしょうか。

    1. >環境や接続機器によっても異なるのではないでしょうか。
      これは間違いなくあると思います。私の環境ではHG8045QよりもF660Aの方が速度が出ますが、逆のケースもあるのかどうかは興味深いところです。

      1. tsurf様

        残念ながら私が使っているプロバイダーではZTEを用意していないのです。なので,試しようがありません。3本アンテナ内蔵のPCでもあれば最高速も試せるんですが,それも持ち合わせがありません。

        因みに,有線でfast.comにアクセスした場合,ピーク性能は下り800Mbpsのぼり300Mbps程度のようです。上りは危機によってはもう少し出そうな気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください