テニスの球拾いを全自動で行うマシン「Tennibot 」

テニスの練習では数多く打ち込むのが一番ですが、打ち終わった後の球拾いはおっくうな作業です。この作業を全自動でしてくれるのが球拾いロボット「Tennibot」です。

Tennibot, The World’s First Robotic Tennis Ball Collector – YouTube

熱心なサーブ練習。

練習後はコートにボールが散乱しています。

ボール拾いで練習が中断されるのは仕方がない作業でした。

そんなプレイヤーのイライラの元である球拾いをTennibotは代わりにしてくれます。

画像認識可能なAIによって、的確にボールを回収します。

コートサイドのフェンスにたまるボールも効率的に回収できそうな2つのアームを搭載しています。

専用のセンサーをネットに取り付けて……

スマホでTennibotアプリをONにすれば準備完了。打った球(回収すべき球)の数をカウントしてくれます。

Tennibotの始動などを操作するアプリはApple Watchでも操作可能。プレイヤーのことを考えた設計です。

最大で80球を回収できます。回収したボールは、トレイに収められるので練習再開も簡単。

90分の充電で、4~5時間の回収作業が可能だとのこと。

スーツケースのように持ち運びも可能。

自動車のトランクにも楽々収納できるサイズです。

Tennibotに球拾いをさせている間、プレイヤーは休憩できるようになります。

テニス愛好家待望のマシン「Tennibot」は、クラウドファンディングKickstarterで出資を募集中です。投稿時点ではアーリーバードで650ドル(約7万円)、通常版は700ドル(約7万6000円)でTennibotを1台ゲットできます。

Tennibot: The World’s First Robotic Tennis Ball Collector by Tennibot — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/770435035/tennibot-the-worlds-first-robotic-tennis-ball-coll

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください