【W463】「最善か無か」の古き良きメルセデス・ベンツGクラスを購入しました【G320】

1年ほど物色していた古い直6時代のGクラスをようやく手に入れました。求めていた条件は、「M104型3.2Lエンジン」「色は黒」「ノーマルに近い外装(ブラバス不可)」というものでしたが、なかなかこれといったクルマには出会えず、ちょっと苦労しましたが、程度のよさそうなGクラスを念願のゲットです。

購入したのは1997年式のG320。青味かかった黒色で、正式なカラー名は不明です。真正面から見ると正方形に近い形状のため、幅1800mmにもかかわらず、威圧感があります。

車検上のサイズは、「全長449cm×全幅180cm×高さ197cm」ですが、全長は明らかにスペアタイヤカバーを含んだサイズで4700mmくらいありそうです。タイヤ・ホイールは現行のG350dのモノを流用した18インチ。

タイヤカバーが傾いているのはご愛敬。「G500」のエンブレチューンは前オーナーのもの。ベンツはエンブレチューン多いですね。G320に戻したいが、お金をかけるほどではないのでしばらくこのまま。

車重は2350kgなので、たいていのタワーパーキングはアウトです……。

前オーナーは外装を2000年代のものに交換したくらいで、中身はほぼノーマル。変更箇所は、プロジェクタータイプのフロントライトやクロームラインが3本のフロントグリル

フォグは楕円形に

ウインカーライトをLED化

ドアミラーはウィンカータイプへ

リアのテールランプも丸みを帯びたタイプへ。変更箇所はこれくらいで、古臭さをなくした上品な改善となっています。外観の好みが同じなので、ほとんどイジる必要はないなと思っています。

ステアリングは総革ではなくウッドを含むタイプ。革だとスレが気になるので、高級感のあるこちらの方が好みですが、滑る……。

開閉も問題なしのサンルーフ付き。というか、Gクラスでサンルーフなしを指定すれば、ほとんど見つからないはず。「Gクラスによくある天井のタレ」という説明をよく見かけますが、1年以上の間に10台近くのGクラスを見ましたが、タレている個体はありませんでした。サンルーフ付きだとまずタレないはず。タレているようなら、よっぽど古いか、程度がよくない個体の気がします。

スペアタイヤはそのうち取り外す予定。あった方が、バックでの事故でも車体を守ってくれそうですが、いかんせん後方視界が半減するのでよろしくない……。都会に住む限り、レッカーを呼べるのでスペアタイヤのお世話になる機会はまずないので、軽量化がてら取り外すのがよさそうだと思っています。

高さが2メートル近い車体のルーフを覗くのに、このステップは重宝します。

荷台にはエマージェンシー用の補助席ありで7人乗り。これを取り外せば税金の安い1ナンバーへ登録変更することも可能です。

Gクラスはどのドアも重厚感がありますが、リアのハッチは特別。銀行の金庫のドア(触ったことはないが……)のような、金属感で重厚な質感。911(964)の閉めると「カキーン」となる金属感とはまったく別モノの、ドスっとした特別な感触で、これはこれで大好きです。

ということで、ようやくゲットしたGクラス。ちょっとずつ使い勝手中心に改良していく予定です。とりあえず、本日はドライブがてら有馬温泉にゴー!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。