いよいよ「空飛ぶ自動車」の実用化が近づいている


未来を描くときに欠かせないのが、空を自由に飛び回る「空飛ぶ自動車」でしょうか。21世紀中に空飛ぶ自動車の実用化が確実と言えそうな、めざましい成果を出した2台のマシンが登場しています。2台共にテスト飛行に成功しており、空飛ぶ自動車の実用化は目前にせまっているようです。

“いよいよ「空飛ぶ自動車」の実用化が近づいている” の続きを読む

自動運転カーに対する消費者の信頼度が低下しているとの調査報告

調査会社J.D. Powerが、自動運転機能を含む自動車の快適機能に関する意識調査を消費者の年代別にまとめたレポートを発表しました。そのレポートでは、前年よりも消費者の自動運転カーに対する信頼度が低下していることが分かっています。

“自動運転カーに対する消費者の信頼度が低下しているとの調査報告” の続きを読む

ワンコイン500円のスマホ用簡易VRヘッドセット「DN-914815」を買ってみた(外観レビュー編)

上海問屋からワンコイン500円の簡易VRヘッドセット(ゴーグル)「DN-914815」が登場しました。ダイソー以上のハイ・コストパフォーマンスと言えそうなVRヘッドセットが一体どんな物なのか、早速購入してみました。

“ワンコイン500円のスマホ用簡易VRヘッドセット「DN-914815」を買ってみた(外観レビュー編)” の続きを読む

AM4用のCPUクーラーリテンションKITの無償提供に申し込んでみた(ディラック編)

Ryzen 7/Ryzen 5はCPUソケットがAM4に変更されています。従来のAM3等のAMDマザーとはクーラーを取り付けるためのマザーボードの「穴」の位置が異なるため、AM4対応のCPUクーラーが必要です。ただし、従来のCPUクーラーでも、一部メーカーの正規品は代理店が無償でリテンションキットの提供を行っています。手元にあって使っていない、Thermalrightの「TRUE Spirit 140 Power」は株式会社ディラックが無償対応しているので、物は試しと申し込んでみることに。手順をまとめてみました。

“AM4用のCPUクーラーリテンションKITの無償提供に申し込んでみた(ディラック編)” の続きを読む

たった270万円で建てられる住宅、ホームレス支援に活用予定

家を持たないホームレスを支援するために、アメリカの大学生が建築コストが2万5000ドル(約270万円)で工期も極めて短く抑えられるスモールハウスを考案しています。シェルターのような外観とは裏腹に、バス付きでオシャレなインテリアになっています。

“たった270万円で建てられる住宅、ホームレス支援に活用予定” の続きを読む

Appleに売上の大半を依存している企業一覧、Appleの戦略次第で企業の命運が決まる経営リスクを内包

時価総額が7500億ドル(約81兆円)を超え、内部留保が2500億ドル(約28兆円)とも言われるApple。そのAppleの利益の約7割を占めるのがiPhoneで、iPhoneの製造を担当する部品メーカーは、巨額の受注を得ると共に、Appleに生殺与奪の権利を握られている状態でもあります。売上の大半をApple頼みになっている「Appleリスク」を抱える企業一覧が挙げられています。

“Appleに売上の大半を依存している企業一覧、Appleの戦略次第で企業の命運が決まる経営リスクを内包” の続きを読む