名車「フェラーリ F40」を現代的に解釈したスーパーカーのデザイン

いわゆる「スーパーカー」世代のアイコンはランボルギーニ・カウンタックでしょうが、その次のポスト・スーパーカー世代(主に1980年代生まれ)にとってのスーパーカーを象徴する一台といえば「フェラーリ F-40」だと思います。その名車F-40をオマージュした、現代的スーパーカーをデザイナーがデザインすると、やはりカッコいいようです。

デザイナーのSamir Sadikhov氏が、F-40をオマージュしたスーパーカーのデザインを自身のFacebookで公開しています。

F-40らしいリアビュー。GTウイング全盛の現代で、リアフェンダー一体型のウイングは、かえって新鮮です。

フロントマスクは現代的なスーパーカーで、それほどF-40を意識させません。

斜めからはF-40のテイスト

特徴的なリアウイングへのつながり具合は、20世紀のスーパーカーらしさが残っています。

シート

F-1のようなステアリングホイール

モノコックフレームまでデザインされています。

F-40をオマージュしたスーパーカーのデザイン画は、以下のSadikhov氏のFacebookで多数公開されています。できることなら、EVではなくガソリン車であってほしい……

Source:Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください