コンセプトカーの歴史を学べるグラフィックサイト「Old Concept Cars」

コンセプトカーは自動車メーカーのビジョンを示す存在で、実用性はともかくワクワクさせてくれる存在です。各メーカーによって発表されてきたコンセプトカーのデザインを大量にアーカイブしたサイト「Old Concept Cars」が公開されています。

「Old Concept Cars」には1930年から2004年までに発表されたコンセプトカーの画像が集められています。

いきなり度肝を抜かれるデザインのこのクルマは1958年に発表された「Sir Vival」。動力部とキャビンが連結されたとんでもないデザインですが、コーナーリング性能は高そうにも思えます。

1953年発表の「Manta Ray」。サンダーバードに出てきそうなデザインです。

デザイナーのPaul Arzensが設計した「The Electric Egg」。1942年という戦前のデザインですが、21世紀でも十分通じるデザインではないでしょうか?

Old Concept Carsでは、メーカー別のコンセプトカーを閲覧できます。サイト上部のメーカー名をクリックすればメーカーごとのページを表示できます。

レクサス」のコンセプトカー一覧。フェラーリやポルシェなど、高級車メーカーは総じてコンセプトカーはおとなしめのようです。

しかし、一味違って攻めているのが「メルセデス・ベンツ」。オープン2シーターが多い……。

その名も「Life Jet」というシングルシーター。都会のコミューターとしてもよさそうです。

F400 Carving」は、ロータスの2-Elevenのようなスポーツカー。欲しい……。

暇なときにのんびり眺めると楽しいサイトになっています。

Source:Old Concept Cars

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください