煙突型のパッシブ空冷ケースMonster Labo「The First」の発売が決定

COMPUTEX TAIPEI 2018で発表されていたMonster Laboの巨大な煙突型の空冷ケース「The First」の初期型「B.1」の発売日が2018年12月15日に決まったようです。

「B.1」はブラックカラーのみで、限定100台だとのこと。

サイズは205mm×215mm×420 mmで重量は7kg。ヒートシンク&ヒートパイプの一体感は、さすがに専用設計ならではの美しさです。なお標準の14mmファンはNoctua製です。

Monster Laboによると、Intel Core i7-8700K(95W TDP)とNVIDIA GeForce GTX 1080(180W TDP)でシステムを組めるとのことなので、ゲーミングPCもOKのようです。8コアのCore i9-9900KはOKでも、さすがにRyzen Threadripperは厳しいか……。

価格は429ユーロ(約5万5000円)で、発送先で「日本」が選択可能となっています。

The First (B.1) – Monster Labo
https://www.monsterlabo.com/product/the-first-batch1/

なお、改良型のセカンドモデル「B.2」は2019年初頭に300台限定で発売するそうで、こちらはホワイトカラーもあるようです。

Source:TechPowerUp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください