IKEAが昆虫や藻でハンバーガーやアイス作りを研究中、最終目標は器まで作ること

菜食主義者ビーガンでも食べられるミートボールを作り出したIKEAが、なんと昆虫由来のタンパク質を使ったハンバーガーなどを研究開発中だそうです。

「Veggy ball」を生み出したコペンハーゲンにあるIKEAの研究開発拠点「Space10

Space10では、肉を代替するたんぱく質から作ったミートボールの他に、根菜類で作るミートボールも研究中だとのこと。

昆虫から取り出したハンバーグで作るハンバーガー。見た目は普通の牛肉バーガーとかわりません。

藻類のスピルリナで作ったパンを使ったホットドッグ。この緑色のパンは、ほうれん草の50倍の鉄分をもつそうです。

グリーンアイスも開発中。

IKEAはこれらの開発中の食品を、IKEAのレストランで提供する予定はなし。なお、最終目標「人と地球に優しい器を作ること」だそうです。

Source:Business Insider

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください