ゲレンデを駆け下りる新タイプのバイク型ウィンターギア「Sno-Go」

ゲレンデの主役はスキーからスノーボードへと移り変わってきましたが、アメリカでは3枚の板で構成されるバイクタイプの新しいギア「Sno-Go」が発売されています。

IndieGoGo Promo “Adventure” – YouTube

これが「Sno-Go」。バインディングなどは必要なく、スノーシューズで乗り降りできます。

エンジンやモーターなどはなく、山上から滑り降りるスポーツギアです。

ジャンプなどの派手なアクションにも対応可能。


ブレーキはスノーボードやスキーと同様。

雪面と3枚の板で接するSno-Goは、歩き勧めない深い雪でもグイグイ進むことができるようです。

乗ったまま、リフトの利用もOK。

Sno-Goの大きな特徴は、体の傾きに合わせて左右に倒れるスタイル。

さらに、フロントフォークにはサスペンション機構もあるため、ジャンプやウィリー状態での滑走にも耐えられます。

フレームはCNCで下降されたアルミニウム。

32ポンド(約15kg)以下の軽量に収まっています。

クイックリリース構造のため分解が容易。

ハッチバックタイプの自動車にらくらく積み込めます。

Sno-GoはクラウドファンディングサイトIndiegogoプロジェクトを成功させて、予定通り2018年1月から出荷されています。

価格は1699ドル(約19万円)と少し高めです。

SNOGO BIKE (Limited availability)

Source:Sno-Go

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。