ボーイングが超音速スパイ機を計画中

ボーイングが米軍向けに超音速スパイ機の導入を狙っているとのこと。デザインが公開されています。


SR-71ブラックバードの後継機となるスパイジェットだとのこと。DARPAのAdvanced Full Range Engineプログラムと米空軍Turbine-Based Combined Cycleに採択されれば開発は続行される予定です。ロッキードとの開発競争で民間向けの超音速ジェットに技術が下りてくれば、一般人にも恩恵はありそうです。

Source:Aviation Week

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください