世界初の8K対応をうたうVRヘッドセット「Pimax」

VRヘッドセットの「リアルさ」のために、絶対的な画素数が足りないと言われています。そんな中、世界初の両眼で8K対応をうたうVRヘッドセット「Pimax」がKickstarterに登場しています。

Pimax 8K VR Headset – kickstarter open – YouTube

スペックは以下のとおり。Pimaxは片眼が3840×2160ピクセルで、両眼あわせて7680(8K)対応。視野角(FOV)は200度で、人間の220度に近いためリアル感があるとのこと。

以下のアニメーションGIFからは、ライバルとなる現行VRヘッドセットに比べるとはるかに鮮やかに、滑らかになっているのがよくわかります。

この投稿作成時点では、Oculus RiftやHTC Viveを持っている人向けの、8Kヘッドセットオンリーならば399ドル(約4万4000円)、コントローラーやベースステーションセットは699ドル(約7万8000円:アーリーバードは649ドル)で、2018年1月以降の出荷だとのこと。もちろんクラウドファンディングなので、あくまで出資は自己責任で、というのはお約束です。

Source:Kickstarter

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください