ジョージ・ルーカス美術館の建築にゴーサインが出るも、「アレ」にしか見えないとの声

スターウォーズシリーズのプロデュースで知られる映画監督ジョージ・ルーカスの所蔵するコレクションを展示する「George Lucas’ Museum(ジョージ・ルーカス美術館)」をアメリカ・ロサンゼルスに建設する10億ドル(約1100億円)の計画について、ルーカス氏本人と妻のメロディ・ハドソン氏が承認して、建設にゴーサインがでました。美術館の前衛的なデザインも公開されましたが、意外なモノにしか見えない……との声が上がっています。

承認されたルーカス美術館のデザインはこれ。

HBOのコメディドラマ「Veep(ヴィープ)」のファンからは、ドラマで登場する大統領図書館に似ているとの声が上がっています。もちろんこれは、好意的な意見。

しかし、ドラマVeepのファンでない人からは、「膣にしか見えない……。」という声も上がっています。言われてみれば、そうとしか見えなくなる不思議。

Source:Variety

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください