スウェーデンの田舎町で輝く金色の建造物「Solar Egg」、その目的とは?

スウェーデンの田舎町キルナには、金色に輝く「Solar Egg」という建造物があります。中にはなんとサウナもあるというこの「巨大な黄金の卵」の目的は意外なことにあるようです。


巨大なSolar Eggは、黄金に輝くステンレスの板で構成されています。

雪の残る中、太陽の下で輝くSolar Egg。完全にオブジェです。

タラップが降りてきます。

中にはなんと暖炉。内壁は松が使われており、中はサウナになっています。温度は75度から85度だとのこと。

サウナはキルナの住民であれば誰でも自由に使えるとのこと。歓談の場になっています。

キルナには国有の鉱石採掘企業LKABが、10年来、鉄鉱石を採掘していましたが、環境悪化のため、キルナの住人に、数キロはなれた隣町への転居を願い出いている状況で、Solar Eggは対話の象徴として存在しているそうです。

Solar Eggの設計・建設の様子は以下のムービーで紹介されています。

Solar Egg by Bigert & Bergström for Riksbyggen – YouTube

キルナ住民の移住に伴い、Solar Eggも移転する予定です。

Source:Solar Egg

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください