手のひらサイズのポータブル「Apple II」を自作する

2017年7月に生誕40周年を迎えるAppleの名機「Apple II」を、手のひらサイズのポータブルマシンとしてよみがえらせた人が現れました。

Building a Working Miniature Apple II Replica! – YouTube

ミニApple IIを自作したのは画像左のChris Larkin氏。

小さなマシンの中にはワンボードコンピューターなどがぎっしり詰め込まれています。

背面には外部出力端子のみ。このミニApple IIは12Vのドローン用バッテリーを搭載しており、モバイル端末になっています。

もちろん液晶ディスプレイを搭載。ただし、キーボードはダミーでBluetoothキーボードなどワイヤレスキーボードで操作するとのこと。このサイズのキーボードでは打てないので当然ですが……

マシンの筐体は3Dプリンターで出力します。

出力した段階では灰色ですが……

往年のMacらしくスプレーで着色。

ベースとなっているのはNext Thing Co.の「C.H.I.P.」という、わずか9ドル(約1000円)のシングルボードコンピューター。

はんだ付けは必須です。

スピーカーも搭載します。

キーボード部分の取り付け。

中国製のLCD。

電源ボタン。

もちろんエミューレーターでMacを動かします。

ということで、手慣れた人なら1日あれば完成させられるというミニApple IIは、手作り感満載のマシンとなっています。

なお、ChrisさんはGitHubでミニApple IIの作り方を公開しているので、腕に覚えがある人は挑戦してみてください。

GitHub – Cupcakus/AppleIIMini: Apple II Mini for C.H.I.P
https://github.com/Cupcakus/AppleIIMini

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。