山間部から海を望む不思議なドーム状の建築物「Villa Ypsilon」

ロンドンとブリュッセルに本拠を置く建築会社LASSAによってなんとも不思議な形状の建築物「Villa Ypsilon」が設計されました。

Villa Ypsilonが建つのはギリシャのペロポネス半島にある山地。

設計したのは建築家のTheo Sarantoglou Lalis氏とDora Sweijd氏。大きな窓からは山や水平線が観察できます。

プールもあります。

3つのベッドルームとバスルームが東側に、リビングルームは南側にあり、3つの中庭を備えるとのこと。

ドット状に空いた穴からは、こんな風に光が入り込む模様。

ランチタイムは東側を、昼過ぎからは南側で過ごすのがオススメとのこと。

ドーム上の屋根は、歩いて登れる設計になっています。ギリシャ文字のユプシロンの大文字が「Υ」であることから、ヴィラ・ユプシロンと命名されたそうです。

Source:dezeen

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください