次期iPhoneのプレミアム版「iPhone Edition(iPhone 8)」の理想を描いたコンセプトムービーが秀逸

2017年はiPhone誕生から10周年のメモリアルイヤーです。そのため、例年通りデザイン据置きで性能アップ版の「iPhone 7s/7s Plus」だけでなく、10周年の特別モデル「iPhone 8」が登場するという予想が支配的です。「iPhone 8」「iPhone X」「iPhone Edition」と名前だけでも複数の噂があるプレミアムiPhoneを、デザイナーが描いたコンセプトムービー「iPhone Edition – ‘Everything Is Changing’ 」が極めて秀逸なデキ。iPhoneファンが望む形を見事に再現しています。

iPhone Edition – ‘Everything Is Changing’ – YouTube

極めて滑らかな曲線を描くエッジ。

2.5Dガラスはさらに滑らかにサイドにつながり、ディスプレイ全面を覆っています。

上部には両サイドにスピーカーやマイクのホール。下部も同様のホールが確認できるので、デュアルスピーカー&デュアルマイク仕様なのかもしれません。

そして、iSightカメラ(リアカメラ)は、iPhone 7 Plusと同様のデュアルカメラ仕様。

4辺がベゼルレスのディスプレイ内にFacetimeカメラ(フロントカメラ)が埋め込まれているのが確認できます。全面がディスプレイだと、ディスプレイにフロントカメラを埋め込まざるを得ないということでしょう。

サイドにはこれまで通り物理ボタンもあり。

よく見ると、リアカメラも不格好な出っ張りがなくなったようです。

ホームボタンもディスプレイ内に埋め込まれ、指紋認証もディスプレイで行います。カメラではなく超音波で指紋認証をするのかも。

このiPhone Editionにはブラックモデルに加えてホワイトモデルもあります。

輝くホワイトの筐体。

白背景だと、わずかに残るディスプレイの継ぎ目以外はすべて真っ白に。

全面ディスプレイの迫力が際立ちます。

白と……

黒。どちらを選ぶべきか、これは本当に悩ましい……。

このコンセプトムービーを作ったのはデザイナーのThiago M Duarte氏とRan Avni氏。プレミアムiPhoneを製造するFoxconn(鴻海)から流出した資料では、「背面は縦向きのデュアルカメラ」「指紋認証は背面に移動」という内容が現時点のところ有力視されていますが、iPhoneユーザーが本当に望むのは、きっとこのムービーのデザインでしょう。プレミアムiPhoneは部材調達に難が生じており、9月には間に合わないという情報もありますが、Appleが出すプレミアムなモデルという解答を、楽しみに待つことにしましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。