Ryzen 7用のAM4リテンションが届いたのでCPUクーラーを「Wraith Spire」から換装してみた

Ryzen 7 1700に付属する純正CPUクーラー「Wraith Spire」は、見た目もさることながらリテール品とは思えないほど冷えるので、CPUクーラーはこのままでもいいかな……という思いがありました。が、ディラックからAM4用のリテンションキット(無料)が届いたこともあり、せっかくなので、CPUクーラーをThermalrightの「TRUE Spirit 140 Power」に換装してみました。


マシン構成
CPU:AMD Ryzen 7 1700
マザーボード:MSI B350 TOMAHAWK
メモリ:Corsair VENGEANCE DDR4-2666 8GB×2(CMK16GX4M2A2666C16R)
SSD:Crusial M550 256GB
HDD:Seagate 3TB(ST3000DM008)
グラフィックボード:Sapphire NITRO RADEON RX 460 4G GDDR5
電源:Enhance 800W(GOLD)
ケース:Silverstone RAVEN 2

純正CPUクーラー「Wraith Spire」は、トップフロータイプ。グリスの粘着力でCPUがスッポン(CPUごとソケットからすっぽ抜けること)するのを避けるべく、OCCTを25分ほど回してCPUにしっかり熱を入れてから取り外すことにしました。

取り外すと、こんな感じ。なお、このグリスはWraith Spire純正のグリスではありません。

バックパネルを交換しようと、マザー裏のサイドパネルを外したところ、わずかなところでバックパネルがひっかかってしまい外れず……。RAVEN 2では、バックパネル用ホールはRyzen(AM4)用にはなっていませんでした。ということで、泣きながら、マザーボードを取り外すことに……(TT)

換装するクーラーは「TRUE Spirit 140 Power」。14cmファン搭載のサイドフロータイプです。

ディラックから送られてきたAM4用のリテンションキット。「TypeA」です。

中身は、バックパネル、ショートを防ぐシート、CPUクーラーを固定するためのステープレートとなっていました。

まずはバックプレートを装着。

ステープレートを取り付ける下駄を履かせます。この下駄にプレートをネジ止めして、CPUクーラーを固定します。

取り付け完了。なお、AM4用のバックプレートホールは正方形ではなく長方形状に空いているので、サイドフロータイプのCPUクーラーは向きが指定されてしまいます。

TRUE Spirit 140 Powerの場合、ヒートシンクがメモリと水平になる状態になりました。

元通り、マザーボードやグラフィックボード、PT1の取り付け完了。マザー取り外し作業まで必要だったため、CPU換装には約1時間かかりました。

サイドパネルはギリギリ閉められました。クリアランスは1cmないくらい。巨大なRAVEN 2でこのクリアランスなので、TRUE Spirit 140 PowerはかなりPCケースを選ぶCPUクーラーだと言えます。実際、Antec P180(古いがお気に入りのケース)で使おうとしてサイドパネルがしまらなかったので、泣く泣く倉庫にしまっていたということを思い出しました。

CPUの設定をデフォルト(電圧などはすべてAUTO)の状態にした上でOCCTを25分テストしたところ、CPU温度は、

Wraith Spire:最高57度

TRUE Spirit 140 Power:最高53.5度

と約3.5度下がりました。というか、3.5度しか下がっていない……(TT) 室温はTRUE Spirit 140 Power計測時の方が高いので正確には比較できませんが、予想以上にWraith Spireは冷えていたという印象。デザインも良かったし、「やっぱりWraith Spireに戻したい!」と思いましたが、再びマザーボードを取り外すのは無理!ということで、しばらくはWraith Spireはお蔵入りさせてTRUE Spirit 140 Powerを使ってみることにします。とりあえず、ファンは以前買った赤色リングLED付きの「EasyDiy」に変えてみよう。

~参考~
Ryzen 7 1700の純正CPUクーラー「Wraith SPIRE」のテイストに合う光るFANを探す – TECH-SURF

Pocket

“Ryzen 7用のAM4リテンションが届いたのでCPUクーラーを「Wraith Spire」から換装してみた” への2件の返信

  1. 中古で購入したB350のバックパネルがなく、穴から向こう側が見えてる状態なのですが、この商品はその状態からでも取り付け可能でしょうか?

    1. 大丈夫だと思います。
      AM4マザーボードは、AM3以前のものと同じくCPUクーラーのフックをひっかけるためのプラスチックパーツが付いていますが、Ryzen純正のクーラーでさえプラスチックパーツは使わない仕様になっています。
      以下の投稿を見てもらえばわかりますが、黒いプラスチック部品をわざわざ取り外しています。
      http://tech-surf.com/news/20170303-ryzen-pc-making
      多くのサードパーティクーラーが「バックパネルがなく、穴から向こう側が見えてる状態」に対応していると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください