RyzenをWindows 10環境で最適化する電源オプションプランが登場、インストールして追加してみました

AMDのRyzen用の電源オプションプランがリリースされました。さっそくどの程度、最適化されているのかインストールして電源プランとして選んでみました。


マシン構成
CPU:AMD Ryzen 7 1700
マザーボード:MSI B350 TOMAHAWK
メモリ:Corsair VENGEANCE DDR4-2666 8GB×2(CMK16GX4M2A2666C16R)
SSD:Crusial M550 256GB
HDD:Seagate 3TB(ST3000DM008)
グラフィックボード:Sapphire NITRO RADEON RX 460 4G GDDR5
電源:Enhance 800W(GOLD)
ケース:Silverstone RAVEN 2

その前に少しBIOSのことを。先日、Ryzen 7 1700で使っているMSIのマザーボード「B350 TOMAHAWK」(トマホーク)のBIOSを「バージョン1.2」にアップデートしました。しかし、BIOS1.2にしたところTMPGEnc Video Mastering Works 5(TVMW5)でエラーをはきまくる状態に……。Ryzen 7の8コア/16スレッドをTVMW5が上手くフルで使えないことは以前、書きました。もっとも、同時出力を2にして2つのTSファイルを同時エンコードすると16スレッドすべてを100%で使い切るので、特に問題にはなっていませんでした。

Ryzen 7 1700+トマホークでは、「TS放送波をキャプチャーしながらx264で2ファイルを同時エンコードしつつ、ブラウジングをする」というようなヘビーな使い方をしていてもPT1で録画するファイルがDropを出すこともなく、とくにカクつくこともなく快適なブラウジングが可能と、以前のSandy Bridge環境とは比べものにならないほど余裕があって大満足だったのに、BIOS1.2に上げたとたん、エラーでエンコードが止まるという状況に。エンコード+キャプチャーだけならエラーは出ませんが、他の作業をするとほぼエラーをはいてしまい、使い物にならない状態でした。仕方なく、BIOS1.1に戻したところ、従来通りの安定動作になりました。私の使い方では、現状、BIOS1.1の方がBIOS1.2よりも安定しているようです。ということで、BIOSは1.1の状態で、Ryzen用の電源オプションプラを追加することにしました。

Gaming: AMD Ryzen™ Community Update #3 | Community
https://community.amd.com/community/gaming/blog/2017/04/06/amd-ryzen-community-update-3

まずは、上記公式コミュニティページにアクセスし、ページ下部の「Ryzen Balanced Power Plan.zip」をクリック。

ZIPファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたZIPファイルを解凍するとインストーラーが現れるので、これを実行。

「はい、追加する」をクリックすれば、Windows 10の電源プランにRyzen Balanced Power Planが追加されます。とくにPCの再起動は不要でした。

電源オプションを開くと、お気に入りのプランに「AMD Ryzen Balanced」が追加され、このプランが選ばれている状態になっていました。

中身はどうなっているのかと確認するべく、「プラン設定の変更」をクリックし……

「詳細な電源設定の変更」をクリックすると……

とくにWindows 10のデフォルト設定と変わりはありませんでした。

とりあえず、「AMD Ryzen Balanced」でしばらく使ってみようと思います。体感できるだけのパフォーマンスアップがあればいいのですが、はたしてどうでしょうか。

Pocket