YouTubeが「1万再生未満のムービーには支払わない」と規約を改定

YouTubeが利用規約を改定しました。注目すべきは支払い規約の改定で、総再生回数が1万ビュー未満のムービークリエイターにはお金が支払われないように変更されています。

YouTubeはポリシーを変更して、総再生回数が1万回を超えていないムービークリエイターのムービーには広告を表示させられないように運用を変更しました。このため、総再生回数が1万回未満のムービークリエイターは、広告による収益を受けられなくなります。YouTubeによると「1万ビュー」という閾値は、ムービーコンテンツの質を担保する目安として機能するとのこと。1万ビュー以上のムービーにのみ収益を分け与えることで、ムービー制作者により高品質なムービーをつくるインセンティブになると考えているようです。また、1万ビュー達成までにコンテンツに著作権侵害などのポリシー違反がないかをチェックするとのこと。

著名なYouTuberには関係ない話でしょうが……。

Sorce:YouTube

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。