タコの吸盤にインスパイアされたロボットハンド「OctopusGripper」

ドイツの研究者がタコの吸盤からインスピレーションを受けたロボットハンド「OctopusGripper」を開発中です。

見た目はまんま、タコの足。空気圧で足は自由に曲げられるとのこと。

もちろん吸盤もあります。

吸着性の良さそうなものだけでなく……

本も器用につかめます。

球もOK。

このタコの足のようなロボットハンド「OctopusGripper」は、ドイツのFesto社が開発するもの。市販予定は未定ですが、2017年4月にドイツで行われるHannover Messe 2017に出展される予定です。

Source:Digital Trends

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください