フォーミュラEのサポートシリーズを目指す「Formulino E」が発足、テスト車両を公開

電動自動車(EV)レースの最高峰の「Formula E(フォーミュラE)」のサポートレースシリーズとなるべく、「Formulino E」というレースシリーズが創設されました。すでにテスト車両の走行ムービーも公開されています。

Formulino E – a Junior Electric Single Seater – YouTube

F1にはF2(旧:GP2)などのサポートシリーズがあり、ドライバー育成だけでなく車両開発の技術進歩に役立てています。EVレースのフォーミュラEには現時点ではサポートシリーズはないため、よりEVレースの裾野を広げるためのサポートシリーズは必要だと考えられています。

Formulino Eのマシンは120kWの電動モーター、15kWhのバッテリー、5速トランスミッションを採用しており重量は1200ポンド(約540キログラム)、マシンの価格は1台あたり8万ユーロと、レーシングマシンとしては比較的安価です。「Formulino E」はTholry Deflandre氏をトップとする組織で現時点ではF1やフォーミュラEなどを主催するFIAは公認していません。ただし、今後の協議次第ではFormulino EはFIA傘下になる可能性はありそうです。

Source:motorsport.com

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。